スキンケア関係の仕事には美容資格が必須?

法律上、エステティシャンやスキンケア関係の仕事に美容資格は必須ではありません。たとえば、あなたがエステ未経験者だったとして、明日エステの店舗をオープンし、お客様を迎えたとしても法的には問題ないのです。

しかし、お客様の肌に触れる仕事であるエステティシャンやスキンケアの仕事では、お客様からの信頼が第一です。

正しい美容の知識を持ち、しっかりと仕事ができる能力があることを証明できなければ、お客様はお金を支払って施術を受けようとは思わないでしょう。

資格は技術や知識を証明する手段の一つ

スキンケアやエステ関連の仕事で信頼性を高めたいなら、資格を取得することは非常に有効です。すでにエステサロンに勤務している方でも、社内資格以外に民間資格を取得ことで技術や知識を証明しやすくなります。

資格は、あなたが美容を「仕事」にできる能力があることを一般に証明する手段の一つと考えると良いでしょう。

美容関連の仕事と資格には様々なジャンルのものがあります。
美容師や理容師になるには取得は必須です。

他にヘアセットやネイル、メイク、エステなど様々なものがありますが、資格を取得しなくてもスタッフとしてお客様に施術できる仕事も多いです。

しかし、美容業界は実力主義の世界です。

技術も知識もスキルアップが必要ですし、お客様からの信頼や支持は美容を持っていた方が得やすいでしょう。

美容資格を持っていると就職に有利

美容資格を持っていると就職や転職の際に有利とはたらくことが多くなります。

採用する会社側も一から教育するよりは教育する負担が減ることもあり、経験と美容資格有している方が採用につながりやすくなります

美容の仕事の中でも、エステは資格がなくても入りやすいイメージがあるかもしれません。実際に無資格・未経験者歓迎の求人を出しているエステは多くなっています。

また、無資格で入社しても社内教育を受けられる、あるいは取得のための資金サポートがある場合が多いです。

働いて給与を得つつ日々の経験から勉強でき、スキルアップが同時にできるのは雇用される側としてはプラスですね。しかし、企業側にとってもメリットがあります。

エステなどの美容業界では、入社時の能力よりもお客様の施術を行ううえで必要なことを学びたいという意欲のある人を求めているからです。

ですから、「エステティシャンになりたい」、「人を美しくする仕事をしたい」といった場合に、「未経験だから」といった理由で美容業界へ飛び込むことを恐れる必要はありません。

美容関係の様々な仕事と資格

美容関連の仕事と資格には様々なものがあります。

たとえば、スキンケア関連の仕事・資格に絞ってもカウンセリング、スキンケア、エステティシャン、化粧品販売についてのものなど数多くあります。

民間の美容資格は通信講座でも取得できることが多いため、仕事をしながら、他の仕事に就いていても学ぶことが可能です。

会社からのサポートがあっての受講でない限りは実費となりますが、スキルアップや手に職を持つことにつながるので、積極的に取得していくと良いでしょう。

 

販売員や美容カウンセリング、スキンケア系の資格は、エステティシャンの他に美容部員として仕事をする際にも活かせます。「いずれは転職するかもしれない」と考えている場合には、他の仕事でも使える資格の取得を目指すとさらに効率的です。

また、今行なっている仕事と関連性のある資格を学ぶことで、自分の仕事を違う角度から見ることができます。日頃自分が行なっている仕事を再確認する意味でも、資格取得の勉強は非常に有効なのです。

美容関係の資格取得はメリット多数

まとめると、美容関係の仕事をする人にとって、資格を取得することは下記のようなメリットがあります。

  1. 就職、転職の際に有利
  2. お客様からの信頼性を高められる
  3. 基礎から学ぶことでスキルアップにつながる
  4. 技術や知識を再確認できる

 

仕事と関係の深い取得しておけば、転職のとき、独立のとき、いったん退職して復職したくなったときなどにも有利というのは、美容業界に限らず多くの業界で共通しています。

「仕事は現場で覚えるから資格は必要ない」という方もいるかもれません。しかし、資格を取得するためにイチから学ぶのは、その度に初心に帰って謙虚に学ぶ姿勢があるということでもあります。

また、美容関係の資格では自分自身に知識を活かして美しさにつなげることもできます。お客様だけでなく、自分自身も美しくなれるというのは一石二鳥ですね。

, ,

Post navigation