化粧品におすすめの資格

化粧品資格にまつわる様々な情報をまとめた化粧品資格を志す方々の為のサイトです。

化粧品資格おすすめサイトとは

化粧品資格おすすめサイトは、化粧品資格にまつわる様々な情報をまとめた総合美容サイトです。
美容に関する資格や勉強方法、化粧品資格についてなど、美容に役立つ様々な情報を取りまとめております。現役のエステティシャン、これからエステティシャンを目指す人を応援する美容情報『化粧品資格おすすめサイト』を是非ご活用ください。

資格の重要性

化粧品の資格を持っていると デパートやドラッグストアの化粧品売り場や訪問販売など美容関係の仕事に就くためには、特に資格は必要ありませんが化粧品の資格を取得していれば、市場で販売されている商品について配合されている成分はいったいどういうものか、どのような効能及び副作用があるのかを理解する知識を得ることが出来ます。

病気の治療に使う薬の場合には、副作用があるかもしれないということを消費者もわかっていますが、化粧品の場合には大手メーカーやブランドの名前だけを見て、購入してしまう人は少なくありません。その結果として健康被害が出てしまったケースも少なくありませんから、資格で得た知識を消費者に伝えて安心して使うことの出来る化粧品は何かということを伝えることは、社会的にも大きな意味を持ちます。

では資格を取得していると、どんな事や資格に活かすことが出来るのかというと、前述のように化粧品の販売をしている仕事であれば、取り扱っている商品の情報を伝える事ができますし、人によって肌質などが異なりますから最適な商品を選び出すのにも役立ちます。

他にも結婚式場のメイク担当者や美容雑誌の編集、美容情報サイトのライターなども、その知識を活かすことが出来ます。

資格の受験者の割合を見てみると、かなりの割合で学生がいるのですが、そのことから美容業界を目指す学生にとっては就職の武器としても使えるということがわかります。

また、自分で商品を購入するときにも、役立てることが出来ます。特に敏感肌や乾燥肌など肌が弱い人は、大量生産される化粧品によく含まれる石油系の成分にふれると、かぶれや湿疹などが出てしまうことがあります。弱い肌でも安心して使うことの出来る化粧品を探すためには、成分のひとつひとつを確認していかなければいけません。でも、成分の名前がわかったとしても、知識がなければそれが肌に刺激を与えるものなのか、ということを判断することができません。

資格を取得して、成分表の見方を習得すれば、誰かに頼ること無く自力で肌にあった化粧品を見つけることが出来るのです。

化粧品に携わる仕事

メイクアップアーティスト

TVや雑誌、映画に出演する俳優や女優、モデル、タレントなどにメイクを担当する仕事です。他にも、ファッションショーやイベントなどでも活躍しています。一般の人に向けては、ブライダルやサロンでプロのメイクを施します。ヘアメイクも担当することがあります。

美容部員

デパートの化粧品売り場やドラッグストア、化粧品専門店などで、おすすめの製品を案内したり、スキンケア方法を提案します。スキンケアからメイクまで、お客様のニーズに合わせたアドバイスができる幅広い知識が必要となります。また、お客様との会話で成り立つ仕事なので、優れたコミュニケーション能力も要求されます。

化粧品開発部員

製薬会社や化粧品メーカー、食品メーカーなどで、新しい原料や技術を取り入れ、世の中の流行に合わせた新たな製品を開発する一員です。研究することが主な業務なので、根気があり、常に勉強していく努力を持ち合わせている人に向いています。化粧品を扱う仕事の中でも、「縁の下の力持ち」といった役回りですが、自分が携わった製品が多くの人に使われるとやりがいを感じます。

美容雑誌の編集者

化粧品やメイク方法など、専門的な知識や新しい情報を発信するのが仕事です。国内だけでなく海外にも目を向けて、常にアンテナを張り、業界の些細な流行の移り変わりを敏感にキャッチし、記事にしていきます。女性をターゲットにする内容なので、深くて広い知識だけでなく、共感してもらえる内容にできる能力も必要です。

化粧品の商品企画

商品企画では、新製品を企画したり、どのように売ると効果的に販売ができるかというマーケティング、パッケージデザインなどを手掛けます。商品のターゲット層を決めたり、コンセプトやイメージも決定します。新製品を作るに当たり、始めから完成まで、そしてその後の販売戦略にも関わっていく重要な仕事です。化粧品業界は競争が激しいので、いかに売れる製品を作るか、企画のアイデアと世の中の動向を読み取る能力は欠かせません。

おすすめ化粧品資格

1.コスメコンシェルジュ 日本化粧品検定協会

コスメコンシェルジュ 日本化粧品検定協会

「あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル」です。 化粧品の成分表示を読めるようになると、化粧品の特徴を深く理解できます。 そのため、肌悩みに対して最適な化粧品を効果的に活用でき、化粧品のすばらしさを、より一層、実感できるようになります。

コスメコンシェルジュ>>

2.コスメマイスター 日本コスメティック協会

コスメマイスター 日本コスメティック協会

化粧品の表記や正しい使い方、 化粧品成分の効果・効能、皮膚、アレルギー、光老化、関連法規など、コスメの総合的な知識を習得します。化粧品関連業務に携わる方(販売・営業、商品企画、研究開発、広告・宣伝など)や化粧品業界で働きたい方にお勧めの検定です。

コスメマイスター>>

3.スキンケアアドバイザー 日本スキンケア協会

スキンケアアドバイザー 日本スキンケア協会

肌トラブルに悩む方や、肌を若々しく保ちたい方など、一人ひとりに合ったスキンケア方法や化粧品選びなどの正しいアドバイス、そしてフェイシャルの施術ができる、スキンケアのスペシャリストのことです。
肌や化粧品に関する正しい専門的な知識を持っていることで、人それぞれの肌質や、肌トラブルなどに合わせた個別のスキンケア方法のアドバイスを行うことができます。また、肌トラブルと関係の深い食生活や生活習慣のアドバイスもできるようになります。

スキンケアアドバイザー資格>>

4.化粧品成分検定 化粧品成分検定協会

化粧品成分検定 化粧品成分検定協会

化粧水や美容液、シャンプー、日焼け止め、ベビー用化粧品など、身の回りにあふれる化粧品に記載されている全成分の情報、及びパッケージに記載されている情報を読み解けるように導く検定です。化粧品成分検定で学ぶことにより、自ら必要な目的にあった化粧品を正しく選択できるようになります。

化粧品成分検定>>

5.スキンケアカウンセラー 日本スキンケア協会

スキンケアカウンセラー 日本スキンケア協会

スキンケアカウンセラーとは、スキンケアや化粧品に関する深い知識を持ち、更にお客様のお肌の悩みや心の状態を、本質から理解するためのカとウンセリング技術を身につけ、お客様を理想へ導くことができる、スキンケアのスペシャリストのことです。 お客様に寄り添ったカウンセリングができることで、お客様の満足が上がるケアやご提案ができ、結果として、リピート率の UP、契約率のUPにつながります。お客様に最高のサービスをしたい方にピッタリの資格です。

スキンケアカウンセラー資格>>

化粧品資格のおすすめ記事一覧