リフレクソロジー資格おすすめサイトとは

リフレクソロジー資格おすすめサイトは、リフレクソロジーにまつわる様々な情報をまとめた総合美容サイトです。

美容に関する資格や勉強方法、リフレクソロジーの仕事など、美容に役立つ様々な情報を取りまとめております。現役のエステティシャン、これからエステティシャンを目指す人を応援する美容情報『リフレクソロジー資格おすすめサイト』を是非ご活用ください。

リフレクソロジーの資格の重要性

リフレクソロジーというのは、足の裏を丁寧にマッサージすることによって、体調を整えたり、時にはストレスを和らげたりする治療法のことを指しています。介護や医療をする上で、補助的な役割も担うことがあって、高齢化社会へ向かっている現代社会では、ますます需要が増えていくことが期待されます。
ただし、いくら足をマッサージすることが良い効果を及ぼすということがわかっていたとしても、全く経験のない素人が、例え数十分だったとしても施術を行うことはかなり難しいことです。ところが、リフレクソロジーに関係する資格を取得しておけば、知識や足に触れる手順を把握できているわけです。そのおかげで、正しく楽に施術を進めることが出来るようになります。
具体的な活躍の場としては、リフレクソロジーやマッサージのお店になります。その他には病院などが挙げられます。年配になれば血行が悪くなりがちですし、入院している方などは特に活動量も落ちます。そこでリフレクソロジーを行うと喜ばれるかもしれません。それに血行が良くなることで美容にも効果が出る可能性もあるのです。そのため女性の患者さんの場合は肌が美しくなるだけで、気分が良くなるといったことも珍しくありません。
以上のことから、看護師さんや入院患者の世話をするヘルパーさんといった職業に就いているなら、資格を取得しておくとキャリアアップに繋がります。ただ、そういった方達は普段から激務をこなしている場合が多いため、現実的には勉強するのは難しいと言わざるを得ません。その場合は通信教育などで取得できる講座を利用し、資格を取得するというのも良い方法です。
また、独立したいと考えている人にとってもリフレクソロジーの資格を取っておくのは大切です。サロンに来るお客様からすると、無資格だと不安に感じることがあるかもしれません。逆に、きちんとした資格を取得していることは、人の体についての勉強をしている証拠ですから集客にも一役買ってくれますし、認定証をサロンなどに飾っておくことで信用や信頼につながります。

リフレクソロジーの資格を持っていると

リフレクソロジーとは、民間の反射療法を施術する人のことです。
足の裏や手の甲にあるチャートというツボのような部分を刺激することで、内臓の自然治癒力を高め、血行や新陳代謝を良くすることで様々な効果を得ることを目指す施術方法です。
民間資格を取ることでサロンやフィットネスクラブなどの職業に就くことが一般的だとされています。近年ではリラクゼーションに対するニーズは高まってきており、確かな技術を身につけることで就職や独立開業に役立ちます。
具体的な仕事内容としては、カウンセリングを行い、症状にあったチャートの施術が必要なのかを判断したら、不調に応じたチャートの部分を主に手の指を使って刺激したり、指を滑らせることでリンパの流れを促進させていきます。そうすることで老廃物の排除や心身のバランスの改善、治癒力を高めてストレスの軽減効果などを得られます。また、健康だけではなく美容にも有効だとしてリフレクソロジーは人気になっています。
リフレクソロジーのサロンに関しては、現在、多くの企業がサロン運営に乗り出しており、サロンの数が増えてきています。
そんなリフレクソロジーですが、資格を持っていることで、このようなサロンに就職しやすくなります。
また、リフレクソロジーの資格取得は、お客様からの信頼を得やすくなるというメリットがあります。
リフレクソロジーの仕事は、正社員だけではなく、契約社員やアルバイト、パートや業務委託など雇用形態は様々で、独立開業することもできます。
ただし、就職先が多い分だけ、リフレクソロジーとは懸け離れた施術内容のサロンもあるため注意が必要です。資格を活かして就職したいという場合、そのサロンがどんな施術を行っているのかを調べてから就職先を選んでいくことが大切です。
体力が必要な職業ではありますが、その分やりがいが大きいというのも魅力です。
技術は一度身につければ一生使うことのできます。また、疲れている時に自分でチャートを刺激することもできるというのもメリットといえます。


おすすめ リフレクソロジー資格

1.リフレクソロジーレギュラーライセンス 日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)

日本リフレクソロジスト認定機構認定リフレクソロジストは、手と指による足底への刺激を身体の各部に反射させ、身体の恒常性を保たせようとする考え方をもとにしたリフレクソロジートリートメントに加え、身体の仕組みと栄養素の働きの正しい知識により、健康的な生活を維持するための的確なアドバイスをすることができます。

リフレクソロジーレギュラーライセンス>>

2.リフレクソロジープロライセンス実技士 日本ヒーリングリラクセーション(JHRS)

リフレクソロジープロライセンス実技士は、一人でも多くの人を癒すことを目的に「ヒーリング&リラクセーション」という新しい分野の技術者育成にも力を入れている日本ヒーリングリラクセーション協会の資格で、信頼のおける高い技能と知識を備えたリフレクソロジストのことです。

リフレクソロジープロライセンス実技士>>

3.フットケア心理士 日本トータルフットマネジメント協会

足は体の一番遠くにあり、意識が行き届きにくいからこそ、深層心理が現れやすい場所といえます。
足に触れる専門家は、その認識を持って関わることが大切です。フットケア心理士は、医療・介護・サロン分野における心理学の視点から本格的に学んだ、フットケアの専門家です。

フットケア心理士>>

4.リフレクソロジープロフェッショナル 東京フットケア協会

リフレクソロジープロフェッショナルの講座では、手指関節を使い強めの圧で足を刺激していくのが特徴的な、台湾式リフレクソロジーの手技を学んでいきます。授業では、1回毎に習得技術の目標を定め着実にレベルアップを計っていき、施術を行いながら、反射区の位置や臓器の働きを覚えていきますので、実践での会話術も同時に学んでいきます。リフレクソロジーのプロになりたい方向けの資格です。

リフレクソロジープロフェッショナル>>

5.リフレクソロジスト キャリアカレッジジャパン

 即戦力として活躍するためのトレーニングカリキュラムで学べるのはもちろん、プロのスキルが身につく学習教材、開業も目指せるノウハウBOOK、専任講師による直接指導、添削返送時にお届けする最新のアロマ情報など、常に最新情報で学べます。全国の方が受講する通信講座だから、教材・サポート、カリキュラムは常に最新のものを。その一つひとつがリフレクソロジストへの道に直結しているので、修了後はプロとしてご活躍いただけます。

リフレクソロジスト>>

リフレクソロジーの仕事内容

リフレクソロジーの仕事内容は、足の裏をマッサージすることで体をリラックスさせることです。足は第二の心臓とも呼ばれており、この場所をマッサージすると各器官の調子も良くなると考えられています。足つぼマッサージはツボを正確に押さえることで体に良い効果をもたらしますが、リフレクソロジーはピンポイントではなく反射区と呼ばれる範囲を刺激します。足裏の血行が良くなることでむくみ解消などの美容効果も期待できます。
施術を行う人はリフレクソロジストと呼ばれ、お客様の体調に合わせてマッサージを行います。施術ではまずエタノールを含ませたウエットティッシュで足の裏を清潔にします。サロンによってはフットバスで足を洗うこともあります。体調があまりにも悪い時は施術によってかえって悪化する恐れもあるため、会話を通して施術をしても大丈夫かを判断します。仕事が忙しいなど現在の生活習慣を知るきっかけとなるので、施術に入るための準備時間を大切にします。
両足から始めて右足、左足、両足の順に行うのが一般的です。強くマッサージしすぎるとお客様の負担となるので、表情などを確認しながら力加減を調整します。
リフレクソロジーには英国式などいくつかのスタイルが存在します。英国式はリラックス重視でアロマテラピーも併用します。施術による痛みが不安な人も手軽に受けることが可能です。中国式はマッサージによって血行を促進し全身に健康をもたらすことを優先し、台湾式では反射区を刺激して不調だと分かる部位を集中的に対処します。タイ式は指だけでなく手全体でマッサージするのが特徴的です。どのスタイルを採用しているかはサロンによって異なりますが、リラックス効果の高い英国式が多いです。
施術後は生活習慣面の指導など健康や美容に関する知識を駆使します。お客様は施術後に体の悩みをすることも多いので、できるだけ答えられるように日頃から情報収集をしておく必要があります。
リフレクソロジーを行うのに絶対に必要な資格はありませんが、スクールや団体が取り扱っている民間の資格はたくさんあります。知識や技術を養う過程で資格取得を目指す人がほとんどです。資格を持っていることは仕事内容への信頼感も高めるため、就職を希望しているなら何らかの資格を取得しておくことをおすすめします。

リフレクソロジーの魅力

リフレクソロジーの仕事の魅力は、お客様の元気をサポートできることです。肉体的な不調だけでなく精神的な疲労も緩和させることができます。ストレスから逃れられない現代社会では、ストレスに負けて心身共に病んでしまう人も少なくありません。施術を受けに来るお客様は、ストレスに負けないように前向きに努力している方だと思いますが、その方のストレス緩和に少しでもお役に立てるというやりがいがあります。疲れた顔で来店したお客様が、店を出る時には明るい表情になって「ありがとう」と言ってもらえる瞬間が、リフレクソロジストの疲れまで吹き飛ばしてくれます。
最近は健康に興味を持つ人も多いため、施術を受けるだけでなく能動的に情報を仕入れようとするお客様もいらっしゃいます。そのような自身の健康に対し熱心なお客様のお役に立てたり、自分が必要とされていることに、社会生活の充実感を感じられることも仕事の魅力の一つです。
リフレクソロジストが求められる知識や技術は増えていますが、上手く対応するためにスキルアップに励むことは仕事のマンネリ化を防ぎます。マッサージであれば機械を使っても施術はできますが、自分の手のひらのぬくもりだけで施術を行うリフレクソロジーを選ぶ方は多くいらっしゃいます。お客様によって体調や健康の悩みは異なり、臨機応変に対応しなければなりません。どの施術も機械的ではなくお様のことを第一に考えるので、人の表情や態度から心の動きまで様々な変化に敏感になり、対人スキルがアップします。

リフレクソロジーの仕事に就く方法

将来はリフレクソロジーの資格を活かして美容関係の仕事に就きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、リフレクソロジーの仕事はどうやって探すのか悩んでいる方もいらっしゃるはずです。まずは、インターネットの求人サイトを利用してみましょう。
リフレクソロジーとは、足裏をマッサージしてリフレッシュをする健康維持方法です。民間のリフレクソロジストの養成学校で研修を積んだ後に資格を取得することができます。整体院やクリニック、大手企業サロンなど幅広い分野で活躍をすることができるメリットがあります。正社員として働くことも可能ですし、パートとして続けることもできますので働き方を選べることも魅力です。インターネットの就職サイトならリフレクソロジーの資格を活かした、仕事も見つけやすいですし働き方も選ぶことができます。
また、技術を積んだ方は個人で開業をする方法もあります。リフレクソロジーの技術を身につけることによって、一生の仕事にできますので、開業を目指して技術を向上させるためにもアルバイトやパートから始める方も珍しくはありません。また、リフレクソロジーの資格を取得する前に、学校側の開業支援や就職サポートが充実しているかしっかりと確認をしましょう。リフレクソロジーの資格を取得した後に、就職サポートを受けることができるのは非常におすすめです。エステサロンやマッサージ系サロンなど、マッサージ技術を活かした美容に関する求人も増えています。リフレクソロジーの求人は一般には公開されていないものもありますので、インターネットの求人サイトを利用して美容サロンなど自分が働きたい場所の情報を集めることが大切になります。また、将来的には独立も可能な資格になりますので自分の店を持ちたいと考えている方は開業を視野に入れてみましょう。資格を活かして安心して仕事につくためにも、学校選びは重要になります。資料請求を行い、就職支援サポートを受けられる学校を探してみましょう。

リフレクソロジーの現状・将来性

リフレクソロジーとは、反射医療ともいわれる主に足の裏の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こるという考えをもとに疲労の改善を図る療法です。世界有数のがんセンターであるアメリカのスローンケタリング記念がんセンターでは、がん患者の免疫力の向上や不安・愁訴などの負の感情を緩和できると検証し導入しています。一方、イギリスではホスピスや疼痛緩和のケアといった医療現場で活躍しています。日本の場合は、社会人にとって働くことは給与を得ると同時にどうしてもストレスや体の疲れがたまってしまいます。特に女性の場合は美容に悪い影響を与えられる可能性があります。逆に、心身ともにリラックスしていると自然治癒力も活性化され病気になりにくいといわれています。その為、近年では手軽に深いリラックスを得られるという理由でリフレクソロジーの需要が非常に高まってきています。
 リフレクソロジーの現状はOLや主婦層、高齢の方やサラリーマンなどの様々な方を魅了しています。自分でマッサージをするという方もいらっしゃいますが、やはり素人である自分よりも資格を持っているプロの方のほうが安心できますしより効果がありそうな気がします。実際に利用してみると、足の血行が良くなり足が軽くなります。また、整体やボディケアのみをしてきたお店も、メニューにリフレクソロジーを加える動きが出てきました。お店ではフットセラピー、トータルセラピー、アロマセラピーなども加えたサービスを展開してきています。
 リフレクソロジーの将来性は、まだまだ成長の見込みがあるといえます。アメリカやイギリスでは主に医療現場で使われていますが日本では日常生活の疲れをとる目的で使用されています。その為、医療現場で活躍できる技術であることはあまり知られていません。しかし、現在の日本は高齢化社会が進み2人に1人はがんにかかっているため入院期間が短く在宅介護や看護が増えています。そんな中でリフレクソロジストを含むセラピストの存在が大きくなっていきます。

リフレクソロジーで独立・開業する

リフレクソロジーは主に足裏や掌に特化した施術を行うことにより、心身のバランスの調整・疲労の回復・自然治癒力の増進等を図るものとなります。大きな括りではエステやマッサージに該当するものとなり、施術者の勤務先もエステサロンやリラクセーションサロン等が多くなります。そして施術者側には経験と技術が蓄積されたプロフェッショナルとしての素養が身について行きますから、充分な蓄積と資金準備があれば自身が経営者となって独立し、リフレクソロジーを中心としたサロンを開業するという方向性も視野に入れることが出来ます。
リフレクソロジーでの開業に当たっては、
・店舗の運営に関する費用面のやり繰りを含めたビジネスセンスが求められる
・同業者との差別化を意識する必要がある
・競争相手はサロン関係全般に広く存在する
といった点で、他の美容業界・サロンが置かれる状況とあまり変わるところはありません。但しリフレクソロジーに関しては、2017年現在で国家資格に該当するものが存在しません。従って特定の資格取得を必須とせずとも開業可能な点で、やや敷居が低めになっているとは捉えられます。
とは言え資金管理や手続きの面で、独立・開業前には必要の無かった知識が多数要求されるのも事実です。そこで、リフレクソロジーの施術を身につける最初の段階において、初期投資としてスクールに通って置くことが望ましいと言えます。基本から技術を学べるという点もそうですが、比較的新進気鋭の分野でもある業界発展に貢献する為に、独立・開業時のサポートを準備しているスクールが多いのです。その利用については、一度就職して時間が経った後の独立であっても、卒業生であれば利用出来る点に変わりはありません。現場での経験とスクールのサポートがあれば、スムースな流れで開業に至らせた上で、事業を軌道に乗せることに集中出来る環境が整うと言えます。
また自身が身につけた技術を他者に伝えることの方に魅力を感じるのであれば、自身がスクールに講師として勤務する・スクールを開業することも視野に入れられます。こうした形での独立の場合も、自身が生徒側であった経験は大いに役立つ筈です。