美容部員資格おすすめサイトとは

美容部員資格おすすめサイトは、美容にまつわる様々な情報をまとめた総合美容サイトです。

美容に関する資格や勉強方法、美容部員の仕事など、美容に役立つ様々な情報を取りまとめております。現役の美容部員、これから美容部員を目指す人を応援する美容情報『美容部員資格おすすめサイト』を是非ご活用ください。

美容部員と資格

美容部員は、化粧品メーカーや化粧品を販売する店舗に採用されれば、資格がなくても仕事をすることができる職業です。そのため資格を取得していない美容部員の方もいますが、美容部員として活躍したいと考えるなら資格を取得するべきです。
美容部員の仕事は、お店を訪れてくれるお客様に対して化粧品を販売することです。しかし、単純に商品を売れば良いというわけではなく、お客様一人一人のお肌に合う商品を選ばなければならないのです。そのためには商品を含めた化粧全般の勉強が必要になりますが、独力で勉強をするよりも体系だった勉強をする方が効率が良く、その手段として資格を取得することが最適なのです。加えて、自分が勧められる商品であっても、お客様自身が納得できなければ購入してもらえません。お客様に納得してもらうためには、カウンセリングを行ってから実際に商品を試してもらうことが有効ですが、その時に感覚では無く、理論的な説明をすることができれば説得力が大幅に増すのです。カウンセリングでしっかりお客様のことを理解するためにも、カウンセリング系の資格を取得することもおすすめです。
さらに、お客様は知識と経験を持っている美容部員に接客を受けることを希望しています。新人の場合などはお客様から指名されることはなかなかありませんが、資格があればそれだけで指名される可能性が高まります。
また、美容部員資格を取得しておくと社内の評価にも役立ちます。また、カウンセリング系の資格を取得していると、接客のレベルも上がりますので、売り上げにつながります。美容部員が知識を持っていることで、スキンケアの知識があるということが客観的に分かり、また良い成績にもつながるので、資格を持っているのと持っていないのとでは、やはり資格を持っている方が断然優位なことがわかります。

美容部員は資格取得でお客様の信頼を得られる

美容部員になるには国家資格は必要ではないので、基本的には資格の取得は必要ありません。しかし、美容部員になってお店にお客様が来店された時、資格が無かったら信用は得られません。資格を取得していることで、お客様も美容部員を信用する傾向にあります。多くの美容部員の方は、名刺や名札に持っている資格を明記していたり、自己紹介の際に「○○(資格名)の○○です。」と言ってご自身の肩書として紹介したりします。このようにお客様とのファーストコンタクトで信用を得ることができますので、資格をしっかりと取得していることがとても大切になります。キャリアの浅い美容部員がお客様との信用を作る最も良い方法が、資格を取得するということです。


美容部員おすすめ資格

1.スキンケアアドバイザー 日本スキンケア協会

肌トラブルに悩む方や、肌を若々しく保ちたい方など、一人ひとりに合ったスキンケア方法や化粧品選びなどの正しいアドバイス、そしてフェイシャルの施術ができる、スキンケアのスペシャリストのことです。
肌や化粧品に関する正しい専門的な知識を持っていることで、人それぞれの肌質や、肌トラブルなどに合わせた個別のスキンケア方法のアドバイスを行うことができます。また、肌トラブルと関係の深い食生活や生活習慣のアドバイスもできるようになります。

スキンケアアドバイザー資格>>

2.コスメコンシェルジュ 日本化粧品検定協会

「あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル」です。
化粧品の成分表示を読めるようになると、化粧品の特徴を深く理解できます。
そのため、肌悩みに対して最適な化粧品を効果的に活用でき、化粧品のすばらしさを、より一層、実感できるようになります。

コスメコンシェルジュ>>

3.スキンケアカウンセラー 日本スキンケア協会

スキンケアカウンセラーとは、スキンケアに関する深い知識を持ち、更にお客様のお肌の悩みや心の状態を、本質から理解するためのカとウンセリング技術を身につけ、お客様を理想へ導くことができる、スキンケアのスペシャリストのことです。
お客様に寄り添ったカウンセリングができることで、お客様の満足が上がるケアやご提案ができ、結果として、リピート率の UP、契約率のUPにつながります。お客様に対し、最高の接客をしたい方にピッタリの資格です。

スキンケアカウンセラー資格>>

4.スキンケアマイスター 日本コスメティック協会

化粧品のほか、サプリメント、エステティック、美容医療、スキンケア、関連法規に至る美容の総合的な知識を習得します。
美容関連業界に携わる方や美容業界で働きたい方、化粧品に興味がある方、自身がキレイになりたい方、化粧品と医薬部外品・薬用化粧品の違い、成分表示など化粧品パッケージの読み方、保管方法など基本的なスキンケアの知識を確認したい方が対象の検定です。

スキンケアマイスター>>

5.美容薬学検定 日本セルフケア支援薬剤師センター

美容薬学検定は、美容に関する薬学の知識レベルを、一定の基準で以って、客観的に評価する試験です。
受験資格(受験制限)は無く、どなたでも受験することができます。
化粧品(コスメ)やサプリメント、健康補助食品の販売に関わる方々には自己研修として、あるいは知識の確認に。また、このような美容分野に就きたいと願う方々には、第三者(企業人事部など)への自己PR用として最適です

美容薬学検定>>

美容部員の仕事

美容部員の仕事と言えば、基礎化粧品から、アイシャドウやマニキュア、シャンプーやファンデーションといったあらゆる化粧品をお客様に対して提供するのが主な仕事内容です。
そのような美容部員とは、活躍するシチュエーションが多種多様なのが特徴の一つでもあり、主にデパートや百貨店の化粧品売り場、薬局などが多いです。
そして、単に取り扱いしている製品を販売するのではなく、消費者のヘアスタイルやファッションを参考にしつつ、購入時の流行や季節も考慮してチョイスしていかなければなりません。
また、毛髪の質感や肌質は個人差が大きいことから、美容部員が持ち合わせている知識を使って解決方法を伝えたり、カウンセリングを施すといったことも行われます。
こうした美容部員の仕事は女性にとって特別な存在であり羨望の的になることから、若い頃や子供の頃から将来の夢として掲げる方も多いです。
美容部員とは仕事内容に従事するために美容部員資格が必須ではないものの、メイクに関する知識やテクニックが必要になりますし、高い接客能力が求められるため美容系の専門学校に進学し卒業した上で就職する方が多く見受けられます。
また、こういった美容部員とは一言で就職するとは言っても雇用形態が多種多様であり、正社員以外にアルバイトや契約社員、派遣社員という契約で美容部員の仕事に励んでいる方が多々います。
このような点から考えると独身の方や子供がいない共働きの世帯などでは正社員で働き、子育て中の方はアルバイトや派遣社員といった形で従事することが可能です。
さらに、女性が就くという特性上出産や結婚により現場を離れるという従業員が多いので、常に求人の数が潤沢に揃っているのも魅力の一つです。
中でも百貨店などが存在しない地方都市ではドラッグストアでコスメグッズを買い求めるため、地元の人々と近い距離で色々なアドバイスをして商品を選んでもらうといったことが可能になり、都心部よりもやりがいを感じるという意見もあります。

美容部員の魅力

美容部員の仕事の魅力は、美容に関する知識が豊富になることです。流行は常に変わっており、自分に合うメイクの色やスキンケア方法を見つけるのは簡単ではありません。美容部員資格を取得するためにたくさんの知識を蓄えていれば、流行の中で自分に適した物を見つけることができます。資格を取った後もスキルアップのために流行を意識するようになるため、周りからはおしゃれな人に見られます。お客様にアドバイスする立場として、美容体型を維持したり自分を美しく見せるメイク法を探求したりするので、美容部員はワンランク上の女性、あこがれられる女性になれます。美容部員は20代から30代の若い女性が多いですが、資格があれば年齢で美容関係の仕事を諦める必要もありません。将来の美容部員を育成したり化粧品の商品開発に携わったりと、いつまでも美容業界に関わることができます。美容部員は消費者の意見を間近で聞くという貴重な経験をしているため、キャリアを重ねた人は知識だけでなく経験も豊富です。またお客の喜んだ顔にやりがいを感じている美容部員も多いです。自分の肌に自信がある人は、一人でコスメやスキンケア用品を選ぶことができます。美容部員に相談する人のほとんどは、肌に悩みを抱えています。メイクの正しい方法が分からなかったり肌荒れが続いていたりします。美容部員は一人ひとりの悩みを聞き、肌質などに応じて最適なアドバイスをするという大切な役割を持っています。アドバイスが正しければお客の悩みは解消し、メイクやスキンケアが楽しくなります。面倒と見なされやすいケアも楽しいと感じてもらうことで、「アドバイスありがとう」といった感謝の言葉を告げられることも多いです。そのようなお客様の姿に喜びを見出し、もっと多くの人に喜んでもらえるようにと仕事へのモチベーションが上がります。接客業はトラブルが起こることもありますが、美容部員として責任を持って対応し信頼を勝ち得れば自分の仕事内容にも誇りを持つことができます。

美容部員のやりがい

美容部員とは、デパートやドラッグストアなどにおいて化粧品を販売する店員のことです。特別な美容部員資格は必要ありませんが、化粧品は商品を指名買いするお客様もなかにはいるもののほとんどのお客様はその場で商品を試し、気に入ったら買うというスタンスをとっています。そのため、接客スキルや化粧スキルが求められる仕事なのです。
美容部員として働くことには多くのやりがいがあります。
まず、美容部員としての評価は自分次第だということです。採用時の評価にかかわらず、入社してからはどれだけの売り上げを立てられたかということが査定に大きな影響を及ぼします。そのため、職場の人間関係や経験年数といった部分ではなく自分が努力することによって評価を上げることが可能なのです。
また、美容部員は最新の化粧品をいち早く試すことができる立場にあるため、既存の化粧品との違いを研究したり、より新製品の強みを活かせる組み合わせを見つけるといったことができます。化粧品が好きなのであれば、仕事と趣味が直結し、毎日の仕事も楽しく行うことができるのです。さらに、資格は必要ないとはいえスキル向上のために資格を取得する人も多く、接客においてそのスキルを活かせた時はやりがいを実感できます。
美容部員は働き方によっては、お給料に売り上げが反映されることがあるので、売り上げによって査定が行われるということは大きなモチベーションになります。
そのためにはやはり勉強や研究が必要です。様々な製品を試したり、ほかの店に客として訪問し接客スキルを学んだり、通信講座で勉強したりすることです。そして来店してくれたお客様に対して製品のメリットをアピールし、実際に化粧をすることで違いを分かってもらえた時には大変なやりがいを感じます。また、お客様がリピーターになってくれた時には本当に喜びを覚えることでしょう。来店するたびに指名をしてもらえたり、お客様へのアドバイスや製品の説明をしてお客様のお役に立ち、その際に感謝の言葉をいただけることは美容部員として大きなやりがいになります。

美容部員になる方法

美容部員の雇用形態には様々なタイプがあり、化粧品会社の正社員として化粧品コーナーで働く形態や、契約期間を設けて契約社員として雇用される形態、時間給のアルバイトや派遣社員として働くなど様々です。
雇用の形態は違えど仕事内容としては、化粧品コーナーで化粧品の販売を行うことです。

美容部員になるためには特に美容に関する専門知識は必須です。もちろん入社後に各化粧品メーカーの考え方に合わせた社員教育がされます。しかし美容部員となる際に資格をしっかりと持っていると、採用時や仕事上キャリアアップしていく上で有利になる場合があります。肌理論やスキンケア知識、そしてカウンセリングなどの資格を持っていると接客サービスのスキルがアップし、それが販売力アップにつながります。また、理美容の専門学校でメイクアップを専攻していることも有利に働くことがあります。

美容部員になるために必要な事は、化粧品が好きで美意識が高いことが大切です。美容部員は化粧品を販売するだけではなく、お客様にその化粧品を使ったメイクテクニックを伝授しより美しくなってもらうためにサポートする役割があるので、日々美容や化粧品に関心を持ち美に対して探求心を持ち続けることが大切なのです。

また、美容部員は接客業ですが同時に販売員でもあるので、お客様にメイク術を伝授するだけでなく最終的には購入して頂かないといけないので、それぞれお客様のニーズに合ったきめ細やかな対応が必要になります。
より深くコミュニケーションを取り、信頼関係を築く事でお客様の気持ちを理解する事が出来、どんなことを望んでいるかを察知してより良いものを提案できることも必要とされます。

つまり、美容部員になるためには資格の有無より美に対しての高い関心と、お客様にきれいになってもらい満足してもらう事、そのためにお客様に満足していただけるサービスを提供するためのコミュニケーション能力と、これらを達成するための情熱が必要なのです。

美容部員の将来性

美容部員の現状としては、美容部員の求人は比較的多いとされています。美容部員として働く人は、20代から30代の若い女性が多いので、結婚や出産などで離職することが多く見られます。また近年ではドラッグストアのコーナーや、雑貨店などの様々な場所でも、メイク用品の販売が普及しています。このことから接客をする美容部員が多く求められています。 美容部員の多くは正社員としての雇用ではなく、契約社員やアルバイトでの雇用が多くなっています。そのため長期的に安定して仕事ができるかというと、そうではありません。たとえ正社員として就職したとしても、妊娠や出産を機に一度退職してしまえば、同じ待遇で復帰することは難しいのが現状です。もしも美容部員を目指すという人は、将来性や安定性をしっかりと考えた上で、目指す決意をしましょう。
同じ美容部員として就職をするのであれば、資格は必須ではありませんが、美容部員資格を持っていた方が有利に働くことがあります。メイクやスキンケアに強い関心や知識があること、美容資格を持っていること、販売経験があることが有利に働くかもしれません。
そして、化粧品会社によっては、代理店制度を設けている会社もあります。美容部員の経験を経て、ご自身のお店を構えることも可能です。
また、近年ではインターネットでのオンラインショッピングも非常に増えています。美容部員の経験を活かして、オンラインショップを開設されるのも良いかもしれません。他にも、美容部員としてコラムを執筆したり、ブログを開設したり、スキンケアや肌のお悩み解説の動画を作ったりなど、可能性は様々です。