セラピスト資格おすすめサイトとは

セラピスト資格おすすめサイトは、エステティックにまつわる様々な情報をまとめた総合美容サイトです。

美容に関する資格や勉強方法、セラピストの仕事など、美容に役立つ様々な情報を取りまとめております。現役のセラピスト、これからセラピストを目指す人を応援する美容情報『セラピスト資格おすすめサイト』を是非ご活用ください。

セラピストと資格

リラクゼーションサロンでセラピストして働く際には医師や看護師のような国家資格はありません。したがってセラピスト資格がなくても、セラピストですと名乗ってしまえばセラピストとなります。 しかし、国家資格ではありませんが、信頼あるセラピスト資格はいろいろあります。ですので、資格はぜひ取得しておいた方が良いといえます。 その理由はいくつかありますが、まずはお客様に対する説得力が違います。それぞれのセラピストが経験や勉強を積んできた証拠が資格として認められているため、お客様もこの人ならば大丈夫だと安心して施術してもらうことができるでしょう。仮に、自分がお客様の立場になったら資格を持っている人と持っていない人のどちらにお願いするでしょう。そう考えてみると、多くの人の答えは、資格を持っている人だと思います。スキンケアの際には大事な自分の肌をゆだねることになるので、やはり説得力は大事です。さらに、施術するセラピストとしても自信が持てます。自分が努力してきた証ですし、試験を受ける際には働いているだけでは得られない基本的な知識も勉強しなければいけません。その自信は日々に仕事にも自覚していないところで現れてくるものです。
また、試験などを受ける準備としてスクールに通ったり講習を受けることもあるかと思います。これも一つのメリットがあります。同じ目標を持つセラピスト仲間との情報交換の場は試験を受ける時だけでなく、資格を取った後でも新しい技術などの情報交換の場となり、自分自身のスキルアップにつなげることもできるでしょう。働くサロンが違うといろいろな技術的な部分などで大きな違いがあります。良いものを取り入れて自分のものにしていく姿勢を持つことはセラピストとしての成長をより高いものにしてくれます。さらに、いずれセラピストとして経験を積み、自分のサロンを開こうとする際にも資格は武器になります。銀行にお金を借りる時、あるいはお客さんへのアピールなどの点においてもメリットは大きいでしょう。

セラピストは資格取得でお客様の信用を作れる

セラピストになるには国家資格は必要ではないので、基本的には資格の取得は必要ありません。しかし、セラピストがサロンをオープンして、お客様が来店された時、資格が無かったら信用は得られません。多くのサロンでは、受付や待合室などの壁に、自分が取得した資格の認定証(ディプロマ)を飾ってあります。その資格の数が多いと、お客様もセラピストを信用する傾向にあります。また、多くの方は名札に資格名を入れています。資格を取得していることで、最初のご挨拶際、お客様に名刺を渡した時に、資格名を書いておくことができますので、お客様とのファーストコンタクトで信用を得ることも可能です。キャリアの浅いセラピストがお客様との信用を作る最も良い方法が資格を取得するということです。


セラピストおすすめ資格

1.リンパケアセラピスト キャリアカレッジ

脳と神経、骨と筋肉、感覚器官、消化器官など身体のしくみの基本知識から、精油(アロマオイル)の効能などの専門的な知識とリンパマッサージの技術を備えたプロのセラピストです。
癒し、美容関係のお仕事の方はもちろん、医療・福祉関係のお仕事をしている方のプラスαの技術としても推奨している資格です

リンパケアセラピストキャリアカレッジ>>

2.スキンケアアドバイザー 日本スキンケア協会

肌トラブルに悩む方や、肌を若々しく保ちたい方など、一人ひとりに合ったスキンケア方法や化粧品選びなどの正しいアドバイス、そしてフェイシャルの施術ができる、スキンケアのスペシャリストのことです。
肌や化粧品に関する正しい専門的な知識を持っていることで、人それぞれの肌質や、肌トラブルなどに合わせた個別のスキンケア方法のアドバイスを行うことができます。また、肌トラブルと関係の深い食生活や生活習慣のアドバイスもできるようになります。

スキンケアアドバイザー資格>>

3.アロマセラピスト 日本アロマ環境協会

プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。
精油の専門知識に加え、解剖生理学や皮膚科学に関する知識、トリートメント技術などを習得し、ボディおよびフェイスへのアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを提供できる専門人材です。

アロマセラピスト 日本アロマ環境協会>>

4.スキンケアカウンセラー 日本スキンケア協会

スキンケアカウンセラーとは、スキンケアに関する深い知識を持ち、更にお客様のお肌の悩みや心の状態を、本質から理解するためのカとウンセリング技術を身につけ、お客様を理想へ導くことができる、スキンケアのスペシャリストのことです。
お客様に寄り添ったカウンセリングができることで、お客様の満足が上がるケアやご提案ができ、結果として、リピート率の UP、契約率のUPにつながります。
お客様に最高のおもてなしをしたい方にピッタリの資格です。

スキンケアカウンセラー資格>>

5.オリエンタルリンパドレナージュ ヒューマンアカデミー

単にリラックスやコリの解消を目的とした施術とは異なり、リンパの流れを整えて、だるさやむくみを解消するリンパドレナージュ。
そこに中医学の考えを取り入れることで編み出されたのが「オリエンタルリンパドレナージュ」です。
講座監修者である川島陽咲枝氏独自のツボの組み合わせとリンパドレナージュで、身体本来のバランスを取り戻し、美と健康へと導く、とっておきのメソッドです。

オリエンタルリンパドレナージュ>>

セラピストの仕事

セラピストとは、心身とも疲労し心や体のバランスが崩れている人に対して、癒しを提供して心身バランスを取り体の不調を解消していく仕事です。そのため、お客様の精神面や心理面などの状態を的確にとらえる事が重要になります。セラピストの仕事は、セラピスト資格を所持していない人でも出来る仕事です。しかし、お客様の心や体の不調などを的確に判断する事は大変難しく、セラピスト資格を所持していない人は自信を持って施術する事が難しくなります。セラピスト資格を取得するためには、人間の体全体の対しての知識や解剖学などの専門的知識を学びます。セラピスト資格を所持している人は、専門的知識と技術をしっかり学んでいるので自信を持って施術する事が出来ます。リラクゼーションサロンに来るお客様は、肉体面や精神面などの疲れや緊張などほぐす事を目的にして来ます。リラクゼーションは、そのようなお客の心や体の疲れを取る事を目的にしているので、資格がなく自信を持って施術する事が出来ない人では目的を果たす事が困難になる場合があります。このような時には、セラピスト資格が役に立ってきます。お客様の心や体を癒すためには、機械などを操作出来る技術だけではなく、カウンセリングなどの知識も必要になってきます。ですので、カウンセリング系の資格を取得しておくこともセラピストの仕事には役立ちます。リラクゼーションサロンなどで行う施術の種類はとても多く、機械や設備を使ったり、自分の腕や手を使ったり、両方を使いながら施術したりしていきます。セラピスト資格を所持している人の仕事内容も、様々な方法を使ってお客の心や体の疲れを取り癒す事が出来なければなりません。そのため、お客様ごとに使う施術内容などは異なる場合がありますが、セラピストの仕事で大切になる事は、お客様がする話をしっかり聞く事です。お客の話を聞き、相手に必要な事を的確に判断しながら心や体の疲れを癒す方法を見つける事が大切です。ストレスになる事が多いこの社会で、心や体を癒してくれるセラピストは多くの人から必要とされている仕事と言えます。

セラピストの仕事の魅力

セラピストの仕事の魅力は、自分の知識と技術を持って、人を癒せるという大きな満足感です。セラピスト資格には、いくつかの種類がありますが、今では更にフィールドが広がりつつあります。ボディ系であれば、アロマテラピーなどを使うことができますし、心理療法を取り扱うのは、精神系の種類です。気功などのエネルギー系もなりますし、今では薬草療法士や食育療法士、運動療法士などの資格もあります。

最も身近で取得も目指しやすいのは、やはりボディ系のセラピストです。人の身体を良い状態に整える施術をすることで、あらゆる不調を良い方向へと導き、そこにはひとひらの癒しが舞い降ります。日本でも大変人気が高い、アロマテラピー、エステサロンでも施術可能なリンパマッサージも、まさにそれにあたりますし人気が高いです。足にはたくさんのツボが集まっていて、足に特化しているのは、リフレクソロジーの施術であり、ほかにも足ツボマッサージなども定評があります。

女性が資格取得を志し、仕事としていく上でも、アロマセラピストは人気です。エッセンシャルオイルの知識を理解した上で、施術を行うことができますし、アドバイスをすることもできます。エッセンシャルオイルは、全て天然の植物より抽出をされたものを使用しており、その数は膨大ですが、学習をして知識とすることで、多くの人を癒しの世界へと誘うことができます。

アロマセラピストは香りを操り、その効果を持て心身ともに癒しを与えることができます。肉体的な軽い不調、精神的なストレスも、アロマの香りの力を持って解消へと導いていきます。アロマトリートメントを、専門にしているエステサロンでも、アロマセラピストは活躍をします。また心療内科とか、治療院などで、アロマを使ったアドバイザーとして活躍をすることもできます。リフレクソロジストは、足へのマッサージで人を癒しに導くことができます。

セラピストのやりがい

セラピストになるためには、必ずしも資格がいるわけではありません。一通りの研修などを受けることによりリラクゼーションサロンで働くことも可能です。ですが、セラピスト資格を持つことで自分への自信につながることになり、また、サロンなどで働く場合に、お客様から資格を持っているかの確認をされる場合もあります。その時に資格を持っていることで自信を持って答えることができます。それ以外にもセラピスト資格を取ることでメリットとしては、スクール側が卒業後にサポートをしてくれる場合もあるため、スクールに通うことを考えるならば、サポートがあるのかどうかをあらかじめチェックしてから通うようにすると良いでしょう。
セラピストを目指すなら、自分なりの目標ややりがいなども重要なポイントです。セラピストとして最終的には独立を目指したい場合には、資格を取っておくとお客様にアピールできる点から精神面において心強い支えになることもあります。 セラピストのやりがいとしてお客様からの感謝の言葉を直接聞けるというのはうれしいものです。仕事や私生活において日々、疲労やストレスを抱えている方も多く、その状態を少しでも癒せることでお客様から感謝の気持ちを直接聞けるのは、仕事をしていく上でやりがいとして実感することができるでしょう。
セラピストとしてのやりがいは、技術を身につけることで自信へとつながります。習った知識や実際にセラピストとしての仕事をこなすことで経験を積んでいくことでさまざまな技術を身につけることにもなります。そのため、収入アップなどが見込めたり、独立を目的とするならば技術が身につくということも重要です。少しずつ自分の技術力が上がっていく実感があることは、仕事をする上でやりがいとなるでしょう。
人々の疲れを癒し、心の安定させるためにも、セラピストは大切な仕事です。やりがいを求めている方や独立して成り立たせていきたいと考えるならば、経験を積み、資格を取得するなどいろいろと行動してみることも大切です。

セラピストになる方法

疲れた体と心をときほぐすセラピストになる方法はいくつかあります。セラピストは技術職なので特別な資格が必要だと思われがちですが、実は必ずしもセラピスト資格は必要ではなく、色々な道を選択することが可能です。
まず一つ目は、リラクゼーションセラピストになるためのスクールに通う方法です。スクールではボディケアやスキンケアなどを実践的な実技を中心に学ぶことができます。しっかりと技術を習得したい方や仕事としてやっていきたい方、将来的に独立を考えている方には、アロマテラピーやハンドマッサージなどプロの技術を学ぶことができ、資格が習得できるのでたいへんおすすめです。
リラクゼーションサロンは、治療目的ではなくあくまで心と体の癒しを目的としているので、特に国家資格は必要ありませんが、民間のものでも資格を持っていた方が、お客様に安心感を与えられたり信頼されたすることが多いと言えるでしょう。ただし、どのような団体が資格を発行しているのかはとても重要なポイントになります。やはり、信用のある団体の発行している資格を取得することが大切です。
資格を取ることにより自信を持って施術ができるようになると言ったメリットもありますし、スクールに通うにはそれなりの費用が必要なので、必ず知識や技術を自分のものにしなければと言った前向きの気持ちになり、技術の習得に対してモチベーションが上がります。スクールによっては卒業後のサポートが充実しているところがあるので、卒業後に就職支援や、開業する際の支援などが期待できます。
次の方法は、実際にリラクゼーションサロンで働きながら技術を習得する方法です。経験不問で働くことができるリラクゼーションサロンもあり、採用されると施術の仕方や手順、接客、受付などの研修を受けることが可能です。働きながら技術を学ぶことができるので、リラクゼーションサロンでじっくりと経験を積むというのも一つの方法です。 そして、仕事をしている人、普段なかなか忙しくてスクールに通う時間の無い人に人気なのが通信講座での資格取得です。通信講座は現場で働くセラピストにも人気です。
通信講座での資格取得のメリットは、多くの場合、自宅で自分の空いている時間にやることができるということです。最近の通信講座はサービスもよくなり、DVDで学習できたり、分らない問題などをいつでも質問や相談ができるようになっています。また団体によっては事務員ではなく専門家が答えてくれます。デメリットとしては、自分の意志で行うことになりますので、資格取得に時間のかかる人とかからない人が出てきます。通信講座での資格取得は、どんなテキストで、どんな内容、質問はどのように答えてくれるのか、その他のサービスをチェックしましょう。通信講座で資格を取得して、独立開業をするセラピストも最近は増えています。
これからセラピストの仕事を始めたい方も、働いているうちに、この仕事をずっと続けたいと思った方も、自分の知識やスキルをさらに深めたいと思った方も、資格取得は大切なステップです。

セラピストの将来性

セラピストは、将来性について考える時に二つの見方が可能です。ひとつはリラクゼーションサロンに勤務し続けること、もうひとつは独立開業することです。
セラピストに年齢制限はありませんので、一生続けていける仕事です。○○歳になったから辞めなければならないということはないため、サロンのオーナーに実力を認められていたり固定客が多い場合は年齢に関係なく勤め続けることができるのです。施術に役立つ資格を持っていれば、その可能性は格段に高くなります。
また、独立開業することを考えられるセラピストの将来性は有望です。リラクゼーションなどのサロンは常に一定の需要があり、独立開業する人が多いことも追い風になります。しかし、経営を維持することは簡単ではないためセラピー以外の勉強もしなければなりません。独立開業するために資格は必要ありませんが、セラピスト資格を持っていれば集客において効果が高いアピールになります。

セラピストとして独立開業する

独立開業するためには実力のほかに開業資金が必要になることが大きなハードルとなります。しかしセラピストの場合、自宅の一室から始めることも可能ですので、開業資金を抑えて始めやすい仕事と言えます。ですのでセレピストは、自分の実力次第で将来を切り開くことができる点で恵まれています。
セラピストとして独立開業を考えるのであれば、自分がどういったセラピーができるのかを把握しておかなければなりません。セラピーと一口で言ってもその種類は多く、アロマテラピーをはじめとする施術を行うボディセラピーや精神的なケアを行うメンタルセラピー、さらには気功や霊気を用いるエネルギーセラピーなどがあります。このなかで、開業できるのはほぼボディセラピーに限られています。
セラピストとして勤めるのではなく開業するのであれば、サロンの収益を考えなければなりません。当然のことながらサロンが得られる収入をお客様が支払ってくれる料金であり、それ以外の収入はほぼ無いため来客数が多くなければ経営を続けることができません。その意味で、ボディセラピー以外の選択肢はないと言えます。メンタルセラピーは医療資格を持つ医師によって診察が受けられるクリニックの方が優位にあり、エネルギーセラピーは知名度が低いためお客様そのものが少ないのです。 ボディセラピーを行うリラクゼーションサロンを開業したら、行うべきことは二つあります。十分な集客とお客様に満足していただける接客です。集客に関しては、現在ではウェブサイトでの宣伝が主流になっています。コンサルタントに依頼することも可能なのでウェブ関係の知識が無くても問題ありませんが、お客様の関心を得られるアピールポイントが必要になります。わかりやすいのがアロマテラピーアドバイザーやアロマセラピストといったセラピスト資格を取得しておくことです。そうすればセラピストとしての実力があることを分かってもらえるのです。
そして、最も大切なのが接客です。訪れてくれたお客様を確実に満足させ、リピーターになってもらうことがリラクゼーションサロンの経営にとって重要なことです。そのためにはセラピストとしての腕を磨くとともに、接客能力も身につけなければなりません。セラピーの実力だけでは経営を続けることはできないのです。接客やカウンセリングを身につけられる資格もあるので、そのような資格も仕事・サロン運営をしていく上では大変役立ちます。

セラピストの勤務体系

リラクゼーションなどのサロンなどに来るお客様は、癒されたいという思いで来店されるようになります。 ですので、そのようなお客様をしっかりと癒してあげるセラピストになることが重要です。
セラピストは資格がなければなれないというものではなく、未経験者でも雇ってもらえるリラクゼーションサロンもあります。 そのようなサロンの場合、研修制度が設けられていることが多いですので、学科や実技、接客などの講習を受けさせてもらえることもあるでしょう。またサロンによってはセラピスト資格の取得までサポートしてくれることもありますので、セラピストを目指している人にも働きやすい環境をつくり出してくれています。
セラピストとして上を目指していきたいのであれば、セラピスト資格の取得は必須です。
将来的に店長やマネージャーを目指しているのであれば、何らかの資格を取得しておいた方が良いでしょう。
セラピストの勤務体系としては、早番や遅番があるサロンが多いですので、日によって出勤時間が変わってくることがあります。
勤務時間に関しては、早番であれば、朝早くに出勤をし、夕方には帰宅するような感じになり、遅番の場合は昼過ぎに出勤をし、サロンの閉店時間まで仕事をして帰るようになります。
働いている人数が多いサロンほど、勤務体制がしっかりとしていますので、自分の希望も通りやすくなるでしょう。
セラピストの休日に関しては、定休日があるサロンの場合は定休日に休みを取るようになり、後はシフトで決まるようになります。
週末はお客様が多い時になりますので、休みを取るのは難しくなりますが、早めに伝えてみるようにしたり、他のスタッフと順番で休みを取れる場合もありますので、休めないことないでしょう。
セラピストの勤務時間や休日に関しては、サロンによって規定がありますので、どのように決めていくのかを確認しておけばトラブルになることもありませんので、面接時に確認しておけば問題ありません。