メイクにおすすめの資格

メイク資格にまつわる様々な情報をまとめたメイク資格を志す方々の為のサイトです。

メイク資格おすすめサイトとは

メイク資格おすすめサイトは、メイクにまつわる様々な情報をまとめた総合美容サイトです。
美容に関する資格や勉強方法、メイクの仕事など、美容に役立つ様々な情報を取りまとめております。現役のエステティシャン、これからエステティシャンを目指す人を応援する美容情報『メイク資格おすすめサイト』を是非ご活用ください。

メイクの資格

メイクは基本的に自分の顔をメイクアップすることから始め、日々のメイクとともに自然と練習を重ねます。メイクアップアーティストになりたいという夢を持つ場合には、友達や家族を相手に練習を積む人もいるでしょう。ファンデーションや下地、口紅にマスカラといったメイク用品さえ集めれば誰でもできるものと思われがちですが、資格を持ったメイクアップアーティストのメイクは、素人が仕上げたメイクと比較すれば実力差が歴然として現れます。資格を持ったプロの技には、プロだからこそできる技術が込められているのです。

メイクアップアーティストとして活躍するためには、練習を重ね、知識を得ながら成長していく必要があります。美容に関係する仕事である以上、世間で流行っている最新のコスメやファッションも貪欲に吸収していくことになります。メイクアップアーティスト資格はメイクに対する技術や知識を裏付けるものです。顧客側から見ると、誰がメイクのプロなのかは一見だけで判断することはできません。メイクアップアーティストと名乗ってはいても、基本的な知識もないようでは仕事を任せるのは不安になるものですが、資格があることでその実力を信頼し、安心して任せることができるようになります。メイクアップアーティスト資格は、資格を得るまでに研鑽を続けたことをも証明してくれるものです。

昨今では美容師からメイクアップアーティストへと転身する人も増加傾向にあります。また、同じ美容関係の仕事であることから、転身にまでは至らなくともメイクアップアーティスト資格を取得している美容師も増えています。ヘアスタイルはメイクとも深い関係があり、その両方を手掛けるという美容師も多いのです。 メイクアップアーティスト資格に挑戦することは、自分が持っている知識や実力を試すきっかけにもなります。実力を知った上でさらに高いランクを目指していくことで、自分自身を磨き上げることができるでしょう。

メイクの資格取得はお客様からの信頼を得られる

メイクアップアーティストの仕事をしたいけど、何から始めればよいかわからないという人は多いのではないでしょうか。メイクアップアーティストの仕事をするために必要な資格というものは特にありません。しかし、仕事をしていく上で何か証明するものが必要となるシチュエーションもありますし、どの程度の知識や技術を持っている人なのかという目安として必要になることもあります。メイクアップアーティスト資格を持っていることでお客様からの信頼をつくることもできますし、仕事のオファーのアップにつながる可能性も高くなります。メイクアップアーティストとしての経験や実績や知識や技術力やセンスにプラスして、メイクアップアーティスト資格があると信頼感を格段にアップさせることができます。資格を持っていると良いことがたくさんありますので、メイクアップアーティストの仕事をしたいと考えている人は積極的に資格を取得するのがおすすめです。自分の美容にまつわるスキルを試す良い機会にもなります。メイクアップアーティストになるために有利なルートとしては、高校を卒業した後に美容関係の専門学校に入学して基本的な知識や技術を学んでからメイクアップアーティスト資格を取得するというものです。何もない状態からメイクアップアーティスト資格を取得するということは難しいことですが、専門学校で知識や技術をきちんと身につけておくことで資格を取得しやすくなります。美容師になってからメイクアップアーティストに転身するという人もたくさんいます。良い仕事をするためにはたくさん学んでスキルアップさせることが大切です。メイクアップアーティストの仕事としては、俳優や女優やタレントやモデルにメイクをするというものです。エステサロンや化粧品メーカーに勤務するという働き方もありますし、フリーランスという働き方もあります。会社に勤務するという働き方の場合は、最初はアシスタントから始まります。フリーランスの場合は自分の頑張り次第でどんどん稼ぐことができます。資格を持っていることでそれがステータスとなり収入のアップにつながることもあります。

おすすめ メイク資格

1.日本メイクアップ技術検定 日本メイクアップ技術検定協会

日本メイクアップ技術検定試験は1級・2級・3級の三段階に分かれて実施され、国際的に通用するメイクアップアーティストの育成を目指し、一般社団法人JMAが定める正しいメイク基準を基本としています。
これから美容業界で働きたい方は勿論のこと、自身のスキルアップや活躍の場を新しく求める際などに大きな武器となります。

日本メイクアップ技術検定>>

2.メイクセラピー検定 一般社団法人メイクセラピストジャパン

メイクセラピー検定 一般社団法人メイクセラピストジャパン

当検定が認定するメイクセラピーは、心理カウンセリングの手法を取り入れたメイクアップ技法で、化粧療法の一環として位置づけられます。単に外見をキレイにするだけでなく、心理カウンセリングによってメンタルサポート(心理的援助)ができるようになります。
メイクセラピストは色彩学や印象分析の理論を備え、目の錯覚効果やコスメの質感を活用したメイク技術で「なりたい自分になる」ための印象を変えるメイクアップを提供します。

メイクセラピー検定>>

3.国際メイクアップアーティスト IBF国際美容連盟 

国際メイクアップアーティスト IBF国際美容連盟 

IBF国際美容連盟では『メイクアップ』を“芸術的=アート”かつ“技術的=テクニック”分野と定義します。 毎年のモードファッション・トレンドファッションに決まりがないように、常に時代をリードし人々を魅了するモードたるメイクの具体化は芸術そのものです。ゆえに“芸術的分野”です。 基本となる一定の技術を満たしトレンドを敏感に捉え、個々の美しさを引き出し表現し得た時、それはアート(芸術)となり、その表現者が国際メイクアップアーティストです。

国際メイクアップアーティスト>>

4.メイクアップ検定 日本メイクアップ連盟

メイクアップ検定 日本メイクアップ連盟

メイクアップ検定は、メイクアップアーティストとしての資質を高めていくために、基本となるメイクアップの正しい知識と技術の基準を設けた、MSOJ(日本メイクアップ連盟)の検定です。メイクアップアーティストとして必要とされる能力を養える、実践に役立つトップレベルのメイク検定です。

メイクアップ検定>>

5.スキンケアアドバイザー 日本スキンケア協会

肌トラブルに悩む方や、肌を若々しく保ちたい方など、一人ひとりに合ったスキンケア方法や化粧品選びなどの 正しいアドバイス、そしてフェイシャルの施術ができる、スキンケアのスペシャリストのことです。
メイクをする以上は、肌や化粧品に関する正しい専門的な知識を持っていることが必要です。また、肌や化粧品の知識があることで、メイクだけでなく、肌や、肌トラブルなどに合わせた個別のスキンケア方法のアドバイスも行うことができますので、お客様の満足度もアップします。

スキンケアアドバイザー資格>>

メイクの仕事

メイクアップアーティストとはヘアメイクを行う人のことを言い、そのヘアメイクとは、ヘアセッティングとメイクのことを言います。 ヘアメイクの対象や活躍の場は非常に幅の広いものとなっています。一般の人はもちろんのこと、モデルやタレントといったより美容を追求した方へのヘアメイクも行い、ブライダルやサロンだけでなく、雑誌やテレビ、映画などのメディアからファッションショーやイベントなどの媒体でそのヘアメイクを発信していく人がメイクアップアーティストというものなのです。そんなメイクアップアーティストは所属する場所や勤務先によって、その仕事内容は細かく分かれていくことになります。
CM、テレビ、広告などメディアの仕事をしたいと考えるのならば、ヘアメイク専門のプロダクションに所属する必要があり、そこでタレントやモデルといった方を対象にヘアメイクを行っていくのです。サロン、もしくは企業に所属するのならば、ヘアメイクだけでなく自社の製品をアピールするといった広告的な仕事も行わなければなりません。その企業広告およびパンフレットのために、出演するモデルへのヘアメイクをしたり、場合によってはメイクアップアーティストとしてのその豊富な美容の知識を活用して、新商品の開発なども行ったりするのです。このように、幅の広い活躍の場のあるメイクアップアーティストですが、なるためには特別な資格を取得するような必要はなく、メイクアップアーティスト資格といった類のものも基本はありません。ですが、ヘアスタイリングとメイクアップに関しての基礎知識をしっかりと身につけておかなければなりません。なにより、美容とヘアメイクに対する飽くなき探求とこだわりや個性がなければメイクアップアーティストとしてはとてもやってはいけず、立派なメイクアップアーティストにはなれません。ヘアメイクを所望される方への最大の満足を与え、そして、ヘアメイクに関する新境地への発想というもの常に意識していく必要があるのです。

メイクアップアーティストの仕事の魅力

多くの出会いがある

メイクアップアーティストは、仕事上さまざまな人々と出会います。年代なども同じ年代だけでなく異なる年代の方とも接する機会も増えます。そのため、仕事としてだけでなく出会う人々から多くのことが学べるのは、メイクアップアーティストの仕事の魅力の一つといえます。また、自分がメイクした方が喜ぶ姿を見ることも仕事に対してやりがいにつながるでしょう。

独立することができる

基本的にメイクアップのための道具と自分自身の腕があればメイクアップアーティストとして生きることができます。資格を持たずともできる仕事ではありますが、メイクアップアーティスト資格として民間の資格はいくつか存在します。仕事上持っていたほうが有利になる場合もあるため、人によっては資格取得をして働くということも一つの手段です。
美容についてさまざまなことを学ぶことになり、仕事に対しても自分の感性を磨き、努力、そして信念を持って仕事に向き合うことでいずれ成果がでることになるでしょう。実力をつけることで後々は独立して自分の力で仕事を取り、働いて生活を成り立たせることができる仕事の一つです。

仕事を共にするスタッフ達と作品を作り上げる

映画や舞台、テレビなどの作品において多くの人が参加します。その作品を作り上げるために他のスタッフと共に参加し、作品を作り上げることができるのは、メイクアップアーティストとしての魅力の一つといえるでしょう。作品の世界観のイメージを引き出すために、タレントやモデルのメイクを担当する場合には、かなりのプレッシャーにもなりますが、やりがいのある仕事です。自分がてがけた仕事が作品として残ることは大きな魅力になります。

常にチャレンジし続ける

メイクに関して、流行の変化は時が経つごとに急激に変化する場合、ゆるやかに変化する場合などさまざまです。自分のメイクも常に同じというわけにはいかず、常にチャレンジするということも大切です。新しいことやさまざまなジャンルに対して幅広く情報を集め、努力し独自性を保ちつつ自分の道を切り開いていくことができる人には、魅力ある仕事といえるでしょう。/p>

メイクアップアーティストのやりがい

普段からメイクやファッションなど美容関連に意識が高い方などは、普段からトレンドのファッションやメイク方法などの情報をきちんと調べる場合が多いです。そこで仕事でもその持ち味を最大限活かす方法としてメイクアップアーティストを目指す方が増えてきています。 メイクアップアーティストとして活躍するためには、やはり高いメイクアップ技術が現場では必要とされます。 特別な資格は必要ありませんが、基本的なメイク技術はもちろんヘアスタイルのセットや、着物の着付けなどの美容師としての技術が求められる可能性があることから、メイク技術の勉強が行える専門学校や通信講座を利用してメイクアップアーティスト資格を取得したり、国家資格である美容師免許をまずとってからメイクアップアーティスト資格の勉強を始めるという場合も増えてきています。 近年になって芸能人やモデルのメイクを担当するメイクアップアーティストになるためには、大手のプロダクションに所属することが重要になってきており、技術力と経験の多さが重要となってくるため、メイクアップアーティスト志望の大半は地域の美容サロンなどで働きはじめる方が多くいらっしゃいます。 美容サロンにも、ブライダル専門サロンやホテルの美容室、演劇やミュージカルのメイク部など様々な場所で多くのメイクアップアーティストが活躍しており、仕事のやりがいといえば依頼に合わせたメイクアップを行い、その人を美しく輝かせることが出来る事にあります。美容関連で仕事をしている方の大半が美しくなっていく人を演出することが好きな方が多く、自分自身のメイクスキルもアップさせていくことが出来るので様々な美容施術を身に着けていくことが出来る点もこの職種の魅力になっています。 経験をどんどん積んでいき、仕事の幅が広がってくると特定の会社で就職するだけではなく、フリーとして働く事も可能となるので化粧品メーカーやテレビ局と契約を行ったり、自分で企業を目指すことも可能です。

セラピスト資格のおすすめ記事一覧