ネイル・ネイリスト資格おすすめサイトとは

ネイル・ネイリスト資格おすすめサイトは、ネイルにまつわる様々な情報をまとめた総合美容サイトです。

美容に関する資格や勉強方法、ネイリストの仕事など、美容に役立つ様々な情報を取りまとめております。現役のネイリスト、これからネイリストを目指す人を応援する美容情報『ネイル・ネイリスト資格おすすめサイト』を是非ご活用ください。

ネイリストの資格

ネイリストには国家資格というものがないので、技術があればネイリスト資格がなくても開業をすることができます。
しかし実際に無資格で開業をしている人はあまりいないのが現状です。開業するまでにはネイリストに必要な知識や技術を習得し、経験を積んで自信を得る必要があります。そのためには専門の学校に通ったり通信教育などで勉強をすることになります。そしてそれらの学校を卒業したり、試験に合格することによって卒業証書や合格証を手にすることができ、それを開業した店内に額に入れたりしておくことで、お客様の目にも留まり、お客様は安心してネイルをしてもらうことができるのです。
そのような証明も何もない所ではいくら上手にしてもらっても、正しい仕方をしているのか、何かトラブルがあった時に適正に対応をしてもらえるのかなどお客様にとっては不安材料となるためリピーターなどの集客がしづらくなってしまいます。お客様に安心して来てもらうためには、国家資格ではなくても専門の学校などで勉強をし、その学校独自の資格を取得したという証明となるものが必要なのです。
ネイルは爪をきれいにしてデザインを施すだけではありません。ネイルに使う薬液が肌についてアレルギーを起こしてしまうお客様や施術後のアフターケアなど、スキンケアのこともよく知っていることが必要です。またネイルを施す前にはお客様の肌の状態、皮膚の状態、アレルギーの有無、年齢や職業などを分析して、どのようなネイルが適しているかという提案をするなどカウンセリングも必要になるのでスキンケアやカウンセリングの仕方などについての勉強も必要になります。
そのため自分で開業するだけでなくネイリストの求人に応募して他の店に雇用してもらうときにもネイリスト検定2級や1級を取得していることが条件となっているところがほとんどなので、ネイリストとして自分で開業をするにしてもほかの店で雇用をしてもらうにしても、資格を取得した方が良いといえます。

ネイリストは資格取得でお客様の信用を作れる

ネイリストになるには国家資格は必要ではないので、基本的には資格の取得は必要ありません。しかし、ネイリストがサロンをオープンして、お客様が来店された時、資格が無かったら信用は得られません。多くのサロンでは、受付や待合室などの壁に、自分が取得した資格の賞状を飾ってあります。その資格の数が多いと、お客様もネイリストを信用する傾向にあります。また、多くの方は名札に資格名を入れています。資格を取得していることで、最初のご挨拶際、お客様に名刺を渡した時に、資格名を書いておくことができますので、お客様とのファーストコンタクトで信用を得ることも可能です。キャリアの浅いネイリストがお客様との信用を作る最も良い方法が資格を取得するということです。


ネイリスト おすすめ資格

1.ネイリスト技能検定 日本ネイリスト協会

ネイリスト技能検定は、日本ネイリスト協会が、ネイリストとしての正しい技術と知識の向上を目的として行っている、実践に役立つ検定試験です。
1997年よりスタートしており、ネイル技術に関する資格として最も歴史と実績がある試験です。

2.爪肌育成マエストロ資格 ANSEM爪肌専門学識委員会

スキンケア知識や化粧品知識も保有した爪・手肌のプロフェッショナルなネイリストです。
「ケアをしても手荒れが改善されない」
「さまざまな種類があるハンドクリーム、一体どれを選べばよいのかわかならい」
「毎日使う洗剤などによる肌荒れを防ぎたい」
そんなお悩みをお持ちの方へ・・・
専門家による知識と技術で美しい爪肌へ導きます。

https://www.ansem-japan.com/blank-2

3.ネイルスペシャリスト インターナショナルネイルアソシエーション

ネイルスペシャリストはインターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)が行っている、ネイルスペシャリストとしての正しい知識・技術を目的としたサロンワークに役立つ技能検定試験です。
 学生、初心者を対象としたA級/SA級、プロフェッショナルを対象としたPA/AA/AAA級の2つに分かれます。

https://i-nail-a.org

 

4.ネイルサロン衛生管理士 日本ネイリスト協会

ネイルサロン衛生管理士は、国民の健康を守る安全で安心なネイルサービスの普及と公衆衛生の向上に資することを目的として、ネイルサロンの衛生管理に関する知識を習得した方に付与される資格です。

https://www.nail.or.jp/eisei/index.html

5.スキンケアアドバイザー 日本スキンケア協会

肌トラブルに悩む方や、肌を若々しく保ちたい方など、一人ひとりに合ったスキンケア方法や化粧品選びなどの正しいアドバイス、そしてフェイシャルの施術ができる、スキンケアのスペシャリストのことです。

ネイルの技術に加え、爪周りの肌のこと、そしてスキンケアの正しい知識を持っていることで、ネイルのお客様の肌質や、肌トラブルなどに合わせた個別のスキンケア方法のアドバイスを行うことができます。また、肌トラブルと関係の深い食生活や生活習慣のアドバイスもできるようになります。

http://skincare.or.jp/adviser/

ネイリストの仕事の魅力

ネイリストの仕事は爪を綺麗にケアすることです。マニキュアを塗って華やかな爪にするカラーリングやデザインに趣向を凝らしたネイルアート、傷んだ爪を補修するリペアーがあります。カラーリングやネイルアートは美容に興味がある人なら自分でも行うことがありますが、綺麗な爪にはリペアーが欠かせません。マニキュアで傷んだ爪にツヤを出したり甘皮を処理したりすることが美しい爪の基本です。ネイリストは専門的な知識を多く持っているので、自分でケアするよりも効果的です。ネイリストは資格がなくてもなることは可能ですが、持っているとお客に信用されやすくなり就職や開業で有利になります。ネイリスト資格は筆記よりも実技が難しいとされるため、学校や美容業界で実際にレクチャーを受けた人が挑戦します。ただし実務経験がなくても誰でも受けられるような検定は、ネイルに関する基本的な知識や技術を試すだけなので最初に受けるものとして選ばれやすいです。ネイリストの仕事の魅力は、綺麗になった爪を見て喜ぶお客に出会えることです。ファッションの一部としてネイルは男女ともに人気です。綺麗になりたいというポジティブな願望を応援できるので、お客と接することで気持ちが明るくなります。また手に職をつけるといった意味でも有利な立場にあり、特に女性の社会進出に役立っています。結婚や子育てで離職しても資格や経験があれば復職するのが簡単です。自分の店を開業したりパートやフリーランスで働いたりと、働き方も様々なのでライフスタイルが多様化した現代社会に合っている職業です。開業すると店舗を用意するのにお金がかかるため、蓄えの少ない若い人は諦めなければならないケースが多いです。しかしネイルは快適な空間作りさえしていれば比較的狭いスペースでもお客を迎え入れることができるので、開業に手が届きやすいです。ジェルネイルなど新しい方法が次々と生み出される分野でもあり、いつまでも新鮮な気持ちで学べます。

ネイリストのやりがい

ネイリストはネイルサロンにスタッフとして勤務することで業務を行いますが、仕事内容はどのネイルサロンでも変わることはなく、お客様の爪を含めた指先を美しく仕上げることです。ネイルの施術は誰もが行える簡単な技術ではなく、知識を学んで練習を行うことで技術を身につけ、さらに経験を積むことでお客様の細かな要望に応えることができるようになるという技術なのです。その技術を発揮するネイリストは、働いているときに何度もやりがいを感じることができます。
やりがいを感じる瞬間として最も多いのは、お客様から感謝の言葉を伝えられたときです。施術を行ったあとはお客様の反応を伺いますが、そのときに「きれい」や「かわいい」といった言葉を聞くことができるとネイリストになって良かったと実感できるのです。また、お客様がリピーターになり、自分を指名してくれるときもやりがいを感じられる瞬間です。自分が行った施術を気に入ってくれたことの何よりの証明であり、ネイリストとして必要な技術と接客能力を認められたということでもあります。
また、ネイリスト資格の取得を目指すこともネイリストとしての研鑽です。民間資格ではあるもののネイリストとしての知識と技術が身に付いていることを資格という形で示すことができ、合格すると自分に自信が付きます。その自信をもってサロンで施術を行うことはやりがいにつながるのです。
さらに、ネイリストはコンテストによって自分の実力を試す機会があります。ネイルの技術はもちろん、デザイン能力まで含めた総合的な実力を全国の同業者たちと競い合うことが可能です。優勝することはもちろん上位に入賞するだけでも大きな名誉であり、日々の努力が実を結ぶ瞬間です。また、スポーツ選手などと同様に世界大会に出場すれば、日本代表として戦うことにもなります。良い評価を得られれば海外で活躍するきっかけにもなることから、コンテストへの挑戦はネイリストにとって大きなやりがいなのです。

ネイリストの働き方

ネイリストとしネイルサロンなどで勤務する場合、ネイリストの1日の勤務時間としては、実働8時間程度というものが一般的となっています。これは勤務するお店によって異なり、多くの店では 午前9時から 午後9時まで営業するサロンが多く見られます。しかし、繁華街に位置しているネイルサロンでは、需要が高いために、夜遅い時間まで営業していたり、反対に閑静な住宅街にひっそりとたたずんでいるような、隠れ家のようなサロンでは、完全予約制で営業を行い、予約が入った時にだけ営業するスタイルをとっているところもあります。営業時間が長いサロンで働く場合には、シフト勤務となることが多く、その中で実働8時間程度働くことが一般的となっています。
中には閉店後や開店前に練習をするサロンもあります。例えば10時に開店する場合には、開店の1時間30分ほど前に出勤して、掃除や開店準備を行うお店も多く見られます。開店後には、お店や個人によって異なりますが、練習をしてから自宅に帰る人もいます。ネイリスト資格は特に必要ありませんが、資格取得のために勉強する人もいるでしょう。練習はあくまでも自主的に行うものであり、ほとんどの場合は強制されることもありませんが、練習しなければ上達することはあり得ません。また流行はどんどん変わっていくので、その流行にのっていかなければ、お客さんの要望に応えられない可能性も出てきます。そのため日々練習は必須のものとなるでしょう。
ネイリストの休日としては、お店によって異なります。週休二日制で、しっかりと休みを取れるスタイルをとっているところもあれば、月に6日程度の休みとなっているお店もあります。定休日が設定されているサロンに勤務しているのであれば、定休日にはしっかりと休みが取れるでしょう。しかし年中無休のサロンが多く、その場合はシフト制となっているところがほとんどです。基本的にネイルサロンが一番忙しいのは土日祝日なので、平日休みになることが多いのが特徴です。

ネイリストになる方法

ネイリストになるためには、資格が必要だと考えている人が多くいます。しかし、ネイリストとして仕事をする事は誰でも可能で、ネオリスト資格は必要ありません。自分でネイリストと名乗っていれば、ネイリストになる事が出来ます。しかし、名乗る事が出来るだけで、専門的な知識や技術を学んでいないので、お客に満足してもらえる仕事は出来ません。お客に満足してもらうためには、専門的な知識や技術を学んで資格を取得する必要があります。ネイルサロンなどに就職を希望する場合は、ネイリスト資格を所持している事を条件にしているネイルサロンが多くなっています。ネイリスト検定2級以上を取得しているとネイルサロンなどの就職が有利になり、プロのネイリストとして自信を持ってフリーで働く事も可能になります。ネイリスト資格は、専門学校や通信講座などで勉強するのがおすすめです。自分だけでも資格検定のために勉強は出来ますが、専門的な知識や技術を独学で勉強する事はとても難しい事になってしまいます。ネイリスト資格検定では実技試験と筆記試験が行われ、自分が受験する級によって内容が変わってきます。実技試験では道具などを使用する試験や接客などにの試験があるので一定以上の知識と技術が必要になります。専門学校では、ネイルに必要な専門的な知識や施術方法を、基本的な内容から教えてくれます。ネイルに必要な道具なども専門学校には揃っているので、道具を使いながら施術方法を学ぶ事が出来ます。ネイリスト技能検定試験に必要な対策なども行ってくれるので、一人で勉強している場合より合格しやすくなります。専門学校ではネイルサロンなどを使って研修なども行うので、接客方法など体験する事が出来ます。仕事などで昼間の通学が無理な人は、夜間や土曜日や日曜日に通学出来る専門学校もあります。プロのネイリストとして自信を持って働くためには、専門学校などで専門知識や技術を身に付け、ネイリスト資格を取得する事をおすすめします。

ネイリストの将来性

ネイリストになることを目指す場合、あるいはすでにネイリストとして活躍している場合、考えなければいけないのは将来性についてでしょう。その道で生きていくためにはこれからどのような展開を迎えるのか、しっかりと理解しておかなければいけません。
有利な情報としては、まず右肩上がりにネイル産業が発展していることです。今や女性がネイルをするのは当たり前のような時代ですから、それに伴いネイリストやネイルサロンの需要も多くなっています。また、美容院やエステサロンなどでもネイルのサービスを提供するところもあったりと、ネイリスト自体の活躍の場も増えているのです。
ネイルは制約を受ける心配がない職業という利点もあります。例えばアロマセラピストも注目を集める職業ですが、しかしながら薬事法の影響を受けて活動が制限されるといった面もあるのです。そうしたアロマセラピストの現状を考えてみると、特に制限なく幅広い活動ができるネイリストは自由度があって将来性も明るいと言えます。
ただ、将来性について考えた場合、単にネイリスト資格を取って活動するだけでは、未来が危ぶまれてしまう懸念があることを理解しておくことが大切です。今では自宅で手軽にネイルが楽しめるキットがあったり、通信で簡単に関連資格を取得できたりと、ネイルを楽しむためのハードルも低くなってきています。つまりはネイルサロンを積極的に利用しようと考えない人が増える可能性も否定できないのです。ですから単なるネイルサービスを提供し続けるだけではいけません。
ネイリストとしての将来性を明るく照らすには、やはりそこでしか提供できないサービスを用意することが必要不可欠と言えるでしょう。技術やセンスを磨くはもちろんのこと、積極的に営業活動も行いネイリストの存在をアピールしていくことが大切です。
どの業界でも同じことが言えますが、ひとつのところにあぐらをかきつづけているようでは将来性はありませんから、ネイリストにもアグレッシブな姿勢が求められるのです。

ネイリストの開業・独立

ネイルサロンは、必ずしも貸店舗などを借りて開業する必要はありません。
自宅の一室を使って、開業・独立することは可能です。
ネイリストとして自宅で働くことができれば、仕事と主婦業を両立させやすくなります。
そのため、将来的には独立を考えながら、サロンで働くネイリストは多数います。
ネイリストとして開業・独立するためには、特別な資格は一切必要ありません。
美容師や理容師のような国家資格はなく、無資格で働くことはできます。
しかし、ネイリスト資格を一切取得していないと、お客さんに安心感を与えることはできません。
確かな技術を持ち仕上がりが綺麗なら顧客の獲得は可能ですが、独立したばかりでは難しいでしょう。
無資格では顧客の獲得が難しくなるので、様々な団体が認定するネイリスト資格は取得しておくのが良いです。
また、ネイリスト資格を取得する家庭において、必要な技術や知識も学べるので、スキルアップにも繋がります。
ネイリストとして独立する場合は、保健所などに届け出が必要と思われがちです。
しかし、ネイルサロンを経営するためには、保健所などの公的な機関に届け出を出したり許可を取る必要は、現時点ではありません。
もちろんお客さんからお金を取る商売としてネイルをする以上、一定の収入を得たら納税の義務が発生します。
そのため、開業届を税務署に提出する必要はありますが、ネイルサロンならではの資格や届け出は必要ないのが現時点の状況です。
つまり、ネイリスト資格も各種機関への届け出も必要ないので、趣味としてネイルを楽しんでいる人が、いきなり開業することが法律上は可能になっています。
とはいえ、ネイリストとして独立するときには、家具や備品の購入、宣伝などで資金が必要です。
貸店舗を借りて開業するなら、賃貸料や内装工事費なども必要になってきます。
将来的に開業・独立を考えているなら、ネイリストとして有利になる資格を取得し、資金を貯めて準備をしておきましょう。