アロマセラピストの将来性

古代より行われてきたアロマテラピーは、海外では一般的な治療法です。アロマテラピーの資格が認められており、多くの人が治療を受けています。

残念ながら、日本国内においては、
治療として行うと法律などに違反する恐れがあるので、治療のためというより、精神をリラックスさせるために利用されています。

このようなアロマセラピスト(アロマテラピスト)の現状なので、国内でアロマテラピーを行う場合は、資格の有無は関係ありません。

民間のアロマセラピスト資格を取得していれば有利ですが、経験を積むことで働くことが可能です。

アロマセラピストの将来性についてですが、これからの時代、アロマセラピストは大変必要とされる職業と言われています。

なぜなら、現在の日本は、性別や年齢を問わずストレスを抱える人が多いため、リラックスできる効果を求める人、癒しを求める人は多く、また今後、更に増えてくることが予想されます。

ですから多くの需要を見込めるので、アロマセラピストの将来性は明るいと言えます。

ただし将来性を考えるなら、アロマセラピスト資格以外の資格も取得しておくと良いでしょう。

例えば、アロマセラピストの現状としては、香りの調合がめいんですが、癒し効果の高いボディトリートメントの資格や女性ニーズの高い小顔フェイシャルの資格、スキンケアの資格をとることで、お客様に対するアピールポイントにもなりますし、独立・開業した時にも有利に働くでしょう。

また、お客様の状態や心の奥の悩みを引き出して、お客様のことをしっかり理解し、最適なサービスをするためには、カウンセリング系の資格を取得することもおすすめです。

そして、人の肌に触れる仕事ですので、肌理論についても知っていることが大切ですので、スキンケア系の資格も取得しておくと良いでしょう。

アロマセラピストは将来性が見込める職業なので、これからも目指す人は増えると予想されます。

そのため、アロマセラピストの人数が増えてしまい、競争も激しくなると考えられます。

同業者との激しい競争を勝ち抜いていくためにも、アロマセラピストの資格はもちろん、それに関係する資格を取得してスキルアップをすることが大切です。

アロマセラピストとしてのスキルを高めていけば、今後将来性に陰りが見えたとしても、競争に勝ち抜き生き残ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です