アロマと資格

 

アロマセラピストは資格が必要!?

アロマセラピスト(アロマテラピスト)は国家資格ではないため、特定のアロマの資格を取得していなくても業務を行うことができます。
実際にアロマサロンに勤務しているスタッフのなかにもアロマテラピーの資格を取得していなという方もいらっしゃいます。
しかし、アロマを扱うアロマセラピストという仕事に魅力を感じているのであれば、是非とも資格を取得しておいたほうが良いと言えます。
アロマは、医学的エビデンスがしっかりしていたり、効果効能などもあり、また、アロマの使用の禁忌事項もあるため、間違った使用は、トラブルになりますので、しっかりとアロマの効果効能を勉強し、資格を取得することが大切です。

アロマセラピストの仕事は、アロマサロンやリラクゼーションサロンを訪れたお客様のカウンセリングを行い、症状を把握し、お客様に合わせたアロマのエッセンシャルオイルを選んで芳香浴法やフェイシャルスチームといった利用法でリラックスしてもらうことです。このカウンセリングでも、アロマの資格を取得したことが活きてくるのです。
お客様と直接話をするという仕事であるため、特に初対面のお客様にとってはアロマセラピストがどんな人なのかが重要になるのです。アロマセラピストのことを信頼できなければ、カウンセリングで自分の症状や悩みの全て話すことができない可能性があり、せっかくアロマテラピーでリラックスしようとしてもメンタル的に落ち着くことができなくなってしまいます。
アロマの資格だけではなく、カウンセリングなどの資格も取得しておくことで、お客様の信用を獲得できます。
もちろんアロマセラピストとお客様は友人ではないため必要以上に仲良くなることはなく、信頼してもらうことは簡単ではありません。
そこで威力を発揮するのがアロマテラピー資格なのです。資格を持っていることはお客様からすると信頼できるセラピストであると判断するための大きな要因になります。また、アロマテラピーはメンタルに作用するものでもあるので、アロマの資格を取得した者が選んでくれたアロマエッセンシャルオイルであるということも大切な要素になります。
また、アロマの資格を取得しておくことは将来的にも役立ちます。
アロマセラピストとしての将来は、アロマサロンにスタッフとして勤務し続けるかアロマのサロンを自分から立ち上げ、独立開業するかに分けられます。アロマセラピストとして勤務し続ける場合はアロマの資格を持っていることで雇用優遇されることが多くあります。独立開業する場合は当然、アロマの専門の資格を持っていることが大切です。この資格がお客様への大きなアピールポイントになるのです。

アロマセラピストがエステ資格を取る!?

アロマは昨今、エステサロンにも普及しています。ストレス社会の中、癒されたい女性がたくさんいるということです。エステティシャンもアロマの資格を取得するようになってきました。逆に、アロマセラピストがボディトリートメントの資格やフェイシャルトリートメントの資格を取得することも多くなってきました。アロマサロンでもエステなどの美容メニューが人気になってきています。

アロマセラピストが取得する最近人気の資格とは?

アロマセラピストが多く務めるリラクゼーションサロンやエステサロンで、人気なのがフェイシャルエステの資格です。お肌の知識やスキンケアの知識、さらには小顔のテクニックなどの資格を取得するアロマセラピストが増えています。その理由に、リラクゼーションサロンの多くは、ボディトリートメントしかやっていないため、新たなサービスの提供の一つとして取得する資格の取得をする。そしてサロンの売上アップのために、もっともニーズの高い小顔のフェイシャルの資格を取得するようになっているのです。
また、アロマサロンやリラクゼーションサロンでの就職の採用時に、フェイシャルの資格を持っていたり、スキンケアの資格を持っていることで給与などが優遇されることがあります。そういった意味でもアロマの資格だけではなく、エステの資格、スキンケアの資格など取得しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です