エステティシャン資格おすすめサイトとは

エステティシャン資格おすすめサイト は、エステにまつわる様々な情報をまとめた総合美容サイトです。

美容に関する資格や勉強方法、エステティシャンの仕事など、美容に役立つ様々な情報を取りまとめております。現役のエステティシャン、これからエステティシャンを目指す人を応援する美容情報『エステティシャン資格おすすめサイト』を是非ご活用ください。

エステティシャンと資格

女性の一生の仕事としていまだに人気があるのは、エステティシャンという職業。ではエステティシャンになるためには資格が必要なのでしょうか?
実は、エステティシャンは国家資格ではありませんので、資格が無くてもサロンをオープンすることができます。
しかし、エステティシャンになるためには、フェイシャルやボディなどの技術、肌理論、スキンケアの知識、解剖学などの知識が必要になります。これらを独自で学ぶと時間がかかってしまいます。多くの人はどこかで学び、知識と技術を習得します。
そして、多くの人は、民間団体が発行している資格を取得されます。その資格がお客様の信用となります。エステティシャンの中には民間団体が発行するエステ資格を何個も取っている人もいます。またその資格取得が自分自身の自信になり、さらにはお客様の信用を得ることができます。
エステティシャンは国家資格ではないとはいえ、民間団体の技術、知識を学び、資格を取るべきでしょう。資格取得に大切なのは、団体の信用やその団体でどんな知識が学べ、どんなスキルが学べるかということになります。
資格取得には、資格発行団体によって金額の差がありますが、安易に安い資格を取得するのも考えものです。どんな団体で、どんな資格で、どんな内容か、そして受講生の満足度、受講生の活躍などをしっかりと見てから決めましょう。

エステティシャンは資格取得でお客様の信用を作れる

エステティシャンになるには国家資格は必要ではないので、基本的には資格の取得は必要ありません。しかし、エステティシャンがエステサロンをオープンして、お客様が来店されたとき、資格が無かったら信用は得られません。
多くのサロンでは、受付や待合室などの壁に、自分が取得した資格の賞状を飾ってあります。その資格の数が多いと、お客様もエステティシャンを信用する傾向にあります。
資格をしっかりと取得していることで、最初のご挨拶の時にお客様に名刺を渡したときに、資格名を書いておくことができますので、お客様とのファーストコンタクトで信用を得ることも可能です。キャリアの浅いエステティシャンがお客様との信用を作る最も良い方法が資格を取得するということです。


エステティシャン おすすめ資格

1.日本スキンケア協会 スキンケアアドバイザー資格

エステティシャンの資格の中でも特に人気の高い資格が、日本スキンケア協会のスキンケアアドバイザー資格です。
スキンケアアドバイザー資格は「医師監修」で、スキンケアの“確かな知識と技術”をしっかりと身につけられます。美容のプロとして自信をもって、フェイシャル技術と美肌アドバイスができるようになります。

スキンケアアドバイザー資格>>

続きを読む>>

2.日本スキンケア協会 スキンケアカウンセラー資格

エステティシャンが、お客様に正しいご提案、アドバイスをするには、カウンセリングが必須です。深い肌知識と、お客様を本質から理解するためのカウンセリング技術を身につけられるのが、スキンケアカウンセラー資格です。スキンケアカウンセラー資格を取得することで、お客様の満足度アップはもちろん、リピート率アップ、契約率アップ、売上アップにつながります。

スキンケアカウンセラー資格>>

続きを読む>>

3.日本エステティック協会 認定エステティシャン資格

エステティシャンとして仕事をしていこうと考えているなら、資格取得は必須条件です。
日本エステティック協会の認定エステティシャン資格は、協会認定校での300時間課程の修了、または実務経験3年以上を積んだ上で取得できるエステティシャンの資格です。

続きを読む>>

4.日本エステティック業協会 AEA認定エステティシャン資格

エステティシャンとして仕事をしていこうと考えているなら、資格取得は必須条件です。
日本エステティック業協会が主催するAEA認定エステティシャン資格は、AEA認定校に通うか、実務経験を1年以上積んだ上で取得できるエステティシャンの資格です。

続きを読む>>

5.国際エステティック連盟インターナショナルエステティシャン資格

国際エステティック連盟が主催するインターナショナルエステティシャン資格は、エステティシャンの国際資格です。
合格することができれば、国際エステティック連盟(INFA)のある欧州諸国でエステ業務をする際に評価され、世界で活躍できる資格となります。

続きを読む>>

エステティシャンの仕事内容

エステティシャンの仕事内容は、接客、フェイシャル、ボディ、カウンセリングなど、
様々な仕事内容があります。初めて来店するお客様はカウンセリングを受けます。
来店したお客様がどのような悩みを抱えていて、どのように美しくなりたいかなどの相談を受け、それに基づいた施術を考えます。

エステカウンセリングに関する基本的な知識はもちろんのこと、コミュニケーション力も仕事をする上で大事になってくるでしょう。 そしてエステサロンでは、ボディーケアや全身の脱毛、フェイシャルケアなどでお客様を美しくするための業務を行っています。

ボディーケアに関してもフェイシャルケアに関しても、マッサージ等の施術を行いますので、体力もある程度必要になってきます。

また、お客様が気持ち良くエステを利用できるように、エステの基本業務の他に、店内の清掃なども開店前にお仕事の一つとして行います。

エステティシャンの基本的な仕事内容は以上になりますが、経験年数や技術などによって仕事内容は変動することを理解しておきましょう。

エステティシャンの勤務時間・休日

日本には多くのエステサロンがありますので、それぞれの店舗で勤務時間は変わってきますが、エステティシャンの業務終了時間は遅い傾向にあります。お店を閉店してからも清掃などがありますので、夜の9時以降になることもあります。

エステティシャンのお休みは、基本的には平日が多くなります。 お仕事が忙しくて土日しか利用できないお客様も少なくないですので、土日にお店をお休みにしているところは少なく、平日にお休みにするのがエステサロンでは一般的です。

エステティシャンになるためには、その仕事内容を理解することがとても大切になります。仕事内容を理解することで、自分の理想のエステティシャンになるためにはどうしたら良いのかが見えてきます。

エステティシャンの魅力とは

人をキレイにする仕事であるエステティシャンは、とても魅力的な職業といえます。
魅力的な仕事は他にもありますが、エステティシャンの技量などに惹かれる人も多いようです。
ここでは、エステティシャンの魅力を紹介します。

最新のトレンドを身につけることができる

エステティシャンの魅力は、最新のトレンドを吸収できることです。

エステサロンなどでエステティシャンの仕事を始めると、美に対する意識や興味がより高まります。毎日多くの美の情報を吸収できますので、自然と知識が増えてきます。
また、新しい知識や最新の美容情報を入手でき、自分自身もキレイになっていけるのがエステティシャンです。

仕事を通じて学んだことは、今後の生き方に活かすことができます。
美容業界に興味がある方にとって、エステティシャンは正に天職かもしれません。

エステティシャンは自分自身も幸せになれる

エステティシャンという仕事は、人に美のサービスを提供する仕事です。
多くの人たちに美を提供することで、満足感を得ることができます。

エステサロンでの施術を介して、自らも幸せを手にできる仕事だといえます。
もっと美しくなりたい、癒されたいというお客様の気持ちを叶えてあげることで、お客様から「ありがとう」という感謝の言葉をもらえます。

この瞬間が、エステティシャンの最高の喜びではないでしょうか。
このようなエステティシャンの魅力に憧れ、プロフェッショナルを目指す人も少なくありません。

将来は独立も可能

エステティシャンの魅力としては、将来の独立もあります。
エステティシャンとして技量を磨くことで、将来自分のお店を持つことも夢ではありません。

自分のお店を持つには、接客力、経営能力など多くの要素が必要です。
しかし自分のお店が持てるという夢があれば、やり遂げることも可能です。
年齢や性別などに関係なく、自分自身の意欲や体力がある限り、ずっとエステティシャンとして働き続けることができます。
将来エステティシャンとして独立することは、とても魅力的ではないでしょうか。

エステティシャンには魅力的な面が多く、目指す人も少なくありません。
上記で挙げた以外にもまだ魅力があるかもしれませんが、多くの魅力に満ちた職業といえるでしょう。

エステティシャンのやりがい

どのような仕事でも、必ずその仕事を必要としている人がいるはずです。
その人たちのために、毎日やりがいを持って皆さん仕事をしています。
エステティシャンもまた同じで、多くのやりがいがあるからこそ目指す人も多いです。
エステティシャンのやりがいをご紹介します。

頼りにされる

エステティシャンのやりがいの中に、誰かに頼りにされることがあります。
エステティシャンとしてのサービスを、必要としている人はたくさんいます。今まで努力して培ってきた技能や知識を誰かに頼りにされ、仕事が評価された時の喜びは最高です。
その時、エステティシャンとして働いて良かったと、誰もが思うでしょう。

エステティシャンは手に職が必要ですので、誰にでもすぐにできるものではありません。
プロとして生きていくにはある程度の経験が必要です。
エステサロンやスクールなどで、技術や知識を習得する必要があります。
長い時間努力して得た自分の力を他の人から頼りにされる実感、これこそ最大のやりがいではないでしょうか。
エステティシャンのやりがいを求めて、今日も多くの人たちが活躍しています。

夢を追い続けられる

エステティシャンはサラリーマンやOLなどとは異なり、性別、年齢を問わず、スキル次第で出世も可能です。
サラリーマンなどのように年数をかけて昇格するのではなく、スキルが認められるとすぐに昇格できます。

また、毎日努力して腕を磨いていけば、将来独立して自分のお店を持つこともできます。
「いつか自分もワンランク上のステージに登れるかもしれない! 」 そんな夢を追い続けられる職業といえます。

そのため、自然と仕事に対するモチベーションも高まり、いつしかやりがいに繋がっていくのではないでしょうか。
やりがいを持って働くエステティシャンの姿を見て、勇気づけられた人も多いはずです。
このように、エステティシャンはいつまでも夢を追い求めていける仕事なのです。


この世の中には様々な仕事がありますが、エステティシャンの仕事もたくさんのやりがいがあるといえます。
プロフェッショナルを目指して、チャレンジする人も少なくありません。

エステティシャンとして活躍する

女性に人気のある仕事には、様々なものがあります。
特に保育士や栄養士、美容師などは給与があまり高くありませんが安定した職業であり、求人情報も多いので人気があるのです。

女性でも活躍できる職業は?

女性の活躍できる職場としては子供と触れ合う仕事の保育士、バランスの良い食事を考え、美味しく作る栄養士などがありますが、最もオススメできる職業は「エステティシャン」です。
エステティシャンはどんな職業かというと、「人を美しくする仕事」です。

エステティックという「美」の意味に直結する仕事で、人を美しくする方法として顔を引き締めるためのフェイシャルエステ、女性にとって一番厄介なムダ毛を綺麗に無くすための脱毛、身体の代謝を上げて引き締めるためのボディエステなどがあります。

もちろん、エステティシャンが女性限定の仕事とは完全に決まっているわけではないのですが、男性のエステティシャンに求められるものは決して多くありません。
例え仕事でのフェイシャルエステや、ボディーエステであったとしても、女性のお客様は男性のエステティシャンが担当だと不快に思うことがあるようです。
実際にエステサロンに行った人や、テレビでの取材などを見たことがある人は感じると思いますが、店員のエステティシャンはほとんどが女性です。
女性の方が、男性よりも求められている職業ですので、その分活躍する場を与えられやすいということになります。

エステティシャンとして活躍するために大切なことは?

女性だから活躍しやすいとしても、全ての女性がエステティシャンとして活躍しやすいというわけではありません。
エステティシャンとして活躍するためには、エステティシャンになった自分がお客様のお手本になる美しさを手に入れる必要があります。
「肌が綺麗」や「引き締まった身体」などどんなことでも良いので、お客様の理想の美しさをエステティシャンになった自分が先に手に入れておくことで、活躍する場を広げやすくなるのではないでしょうか。


安定した職業に就きたいのであればエステティシャンになる事を一度考えてみてはいかがでしょうか。

エステティシャンとして独立開業する

自分の夢だった職業に就けたのなら、スキルを磨いたらいつかはその職業で独立開業をしたいと思う人は、多いのではないでしょうか。
独立開業はお金があればできるものですが、大事なのは独立開業した後に成功するかどうかです。

独立開業は成功するのか?

独立開業ができるまでの期間は人によって違います。短い人もいれば長い人もいます。
独立開業までに大事なことは「しっかりと貯金をし、お金を貯めること」、「その職業のスキルを磨いて、自信をつけること」など基本的なこと身につけることです。しかし成功するかしないかは開業後の努力で変わってきます。
どんなに自信があっても必ず成功するとはいえません。逆に思ったよりも上手くいく人、成功する人もいます。

独立開業は少なからず、今後の人生に影響してくるでしょう。
そのため、独立開業で、成功するために、しっかりと経営力やスキルを磨く必要があります。

エステティシャンはオススメできる職業

独立開業が成功しやすい職業の一つとして、「エステティシャン」が挙げられるでしょう。
もちろん、エステティシャンが楽だから成功しやすいというわけではありません。努力はもちろん必要です。他のサロンとの差別化ができれば、成功の可能性は高くなります。
また、エステサロンの独立開業を成功させるためには、店舗のデザインやコンセプトも少なからず関わってくるでしょう。

エステティシャンは人を美しくするための仕事ですので、店舗が美しくなければ第一段階の、「このエステサロンに行ってみたい」という感情にすることが難しくなります。
人気のあるエステサロンのデザインやコンセプトを、参考にするのも良いでしょう。

エステティシャンになった人の全ての人が、エステサロンの独立開業を目指すわけではありません。
もし独立開業をしたいと思うのであれば、エステティシャンは数ある職業の中では成功しやすい方だと、ポジティブに考えておくことも大切でしょう。

エステティシャンになる(エステの資格を取得する)方法

美容に関わるお仕事が女性の間では人気で、就職活動をするにあたりエステサロンで働くエステティシャンになりたいという女性が多くいます。
エステティシャンになるために資格を取得する方法はいくつかあります。

スクールに通いながら資格を取得する方法

専門学校や一般スクールなど、資格を取得できるところはたくさんあります。スクールで資格を取得するメリットは、インストラクターの先生に直接教えていただくことができるところです。しかし、通いとなると、時間や経費がかかります。スクールは3ヶ月~1年通って資格を取得するのが平均的でしょう。また専門学校は2年間通って資格を取得します。
一般的なスクールでは費用的には15万円~50万円、専門学校は年間100万円程度です。

専門学校へ通い資格を取得する

エステティシャンになりたいと思う年齢によってエステティシャンになるための方法は変わってきますが、多くの人が高校生の時にエステティシャンになりたいと思うようです。
そのため、高校を卒業後にエステの専門学校へ進学、卒業することによって、エステの資格を取得することができます。

エステの資格を取得し、専門学校卒業後にエステティシャンの道へ就職できますので、高校生には最も身近な方法ではないでしょうか。

また、エステティシャンになりたいという同じ夢を持つ人が集まってきますので、学校生活を楽しみながら夢に近づくことができます。 エステの専門学校は、エステに関する知識と技術を並行しながら身につけることができますので、しっかりと勉強し資格を取得すれば、エステサロンに就職できるでしょう。

学校に通わなくてもエステティシャンになれるか?

既に違う仕事をしている人は、「エステティシャンになるために専門学校へ通わなくてはいけないのか?」と不安になるかもしれません。
仕事が忙しくて、専門学校へ通う暇がない方も多くいらっしゃるでしょう。
基本的には専門学校へ行かなくても、独学で勉強し資格を取得することによってエステティシャンになることは可能です

それは、エステティシャンの通信講座を利用する方法です。

通信講座でエステの資格を取得する

仕事をしている人、普段なかなか忙しくてスクールに通う時間の無い人に人気なのが通信講座での資格取得です。通信講座は現場で働くエステティシャンにも人気です。
通信講座での資格取得のメリットは、多くの場合、自宅で自分の空いている時間にやることができるということです。最近の通信講座はサービスもよくなり、DVDで学習できたり、分らない問題などをいつでも質問や相談ができるようになっています。また団体によっては事務員ではなく専門家が答えてくれます。デメリットとしては、自分の意志で行うことになりますので、資格取得に時間のかかる人とかからない人が出てきます。価格は様々で3万円~10万円が相場と考えられます。通信講座での資格取得は、どんなテキストで、どんな内容、質問はどのように答えてくれるのか、その他のサービスをチェックしましょう。通信講座で資格を取得して、独立開業をするエステティシャンも最近は増えています。

また、通信講座で資格を取得した後、スクーリングでエステティシャンの講師から直接技術を学べる講座もあります。

エステティシャンとして就職してから困らないようにするためは努力が必要です。
専門学校か通信講座、自分に適した方法を利用し、しっかり勉強してエステの資格を取得し、プロとしてのエステティシャンを目指しましょう。

エステの歴史

将来エステティシャンを目指している人にとって、エステの歴史も大切な要素になります。
そのため、まずはエステの歴史を学ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。
では、エステの歴史を紹介します。

エステについて

エステサロンで実際に施術を受けている方も多いことでしょう。
私たちがいつも利用しているエステサロンですが、このエステティックには次のような意味があります。

エステティックは、英語では「esthetic」、イギリス語では「aesthetic」、そしてフランス語では「esthetique」になります。

エステティックというのは美学や美意識を表しており、「美しさの内容、本質を追求していく」のが本来の意味になります。

西洋では古代ギリシャの時代から、様々な美に対する追求がされてきました。
しかし西洋のエステと比べて日本は新しく、その始まりは20世紀初頭といわれています。
その後日本のエステは、西洋技術を取り入れながら発展していきます。

様々な団体なども設立され、日本エステティック協会、日本エステティック業協会、国際エステティック連盟(INFA)、日本スキンケア協会は有名ですのでご存知の方も多いことでしょう。
時代によって美の定義は変化していきますが、人が感じる美しさはいつの時代でも変わりません。

エステの言葉の意味

エステサロンでは多くのエステティシャンが活躍していますが、このエステティシャンは日本独特の言葉です。
日本でいうエステティシャンは、アメリカでは「beauty treatment technician」と呼ばれています。
またエステティックサロンも和製英語であり、日本だけで使用されています。

エステティックサロン、エステティシャンはよく使う言葉ですので、世界共通の言葉として認識している人も多いと思います。
このように普段から耳にする言葉が、実は和製英語だったということも少なくありません。

エステの歴史を学ぶ時は、このような言葉についてもしっかり理解しておく必要があります。
これからエステティシャンを目指す方は、エステの歴史と一緒に言葉もしっかり学んでおくと良いでしょう。

エステティシャンとして仕事を行うには、まずその歴史を学ぶことも大切です。
エステの歴史が、今後の仕事にきっと役立ってくるはずです。