エステベッド・施術台の種類

エステサロンでは、マッサージを行うエステベッド(施術台)の選別が大切です。
エステベッドの種類は多いので、使いやすいものを選ぶ必要があります。
では、エステベッドについて見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

エステベッド(施術台)について

エステサロンではエステベッド(施術台)を使用していますが、
それぞれのお店によってベッドの種類は異なります。

エステベッドの利用用途は多く、一般的なマッサージ用のベッドとしても利用できます。
お店によっては、マッサージ用として代用しているところも少なくありません。

エステベッド(施術台)は、一般的にフェイシャルやネイルなどの施術で使用されています。

施術ベッドには背上げタイプチェアータイプなどがあり、お店の用途によって選ばれています。

最近はフェイシャルやネイル施術として、チェアータイプのベッドにも人気があります。
エステベッドを選ぶ時は、高さやサイズなど総合的に判断することが大切です。

エステベッドの種類

エステベッド(施術台)には様々な種類がありますので、お店の用途によって選択してください。
まずは、一般的なフェイシャルタイプのベッドです。

フェイシャルタイプは、オーソドックスなベッドとして多くのお店で使用されています。
フェイシャルタイプは、背もたれと脚部のセパレートシートが特徴です。
製品の程度によって価格も高くなりますので、選別の際はしっかり確認してください。
フェイシャルタイプは、ネイルやまつげエクステなどでの利用が多いです。

次にフラットタイプです。
フラットタイプはいわゆる平台であり、コストバランスに優れています。
フラットタイプのベッドは、フェイシャルやボディ施術で良く利用されています。
一般的な施術を行う時は、こちらのタイプで問題ありません。

そしてポータブルタイプのベッドです。
ポータプルタイプのベッドは、オプションがパッケージ化されているものが多いです。
エステサロンでは、こちらのポータブルタイプのベッドもオススメです。

このようにエステベッド(施術台)には種類がありますので、
それぞれのお店に合わせて選択してください。

エステサロンでは、エステベッド(施術台)の選択が大切です。
お店の種類によって最適なベッドがありますので、
まずはすべてのベッドを見ておくと良いでしょう。
一般的に、フェイシャルタイプのベッドに人気があるようです。

Post navigation