日本エステティック業協会 AEA認定エステティシャン資格

エステティシャンとして仕事をしていこうと考えているなら、資格取得は必須条件です。
日本エステティック業協会が主催するAEA認定エステティシャン資格について、その詳細を説明していきます。

日本エステティック業協会 AEA認定エステティシャン資格

AEA認定エステティシャン資格を取るには?

AEA認定エステティシャン資格を取得するにはAEA認定校に通うか、エステ業界での実務経験を積むかの2通りあります。
AEA認定校で学ぶ場合は、通学または通信教育の過程を300時間で基本となるAEA認定エステティシャン取得を目指し、その後さらに上のレベルとなる上級認定エステティシャン取得までを目標としています。

AEA認定エステティシャン3種類

AEA認定エステティシャン資格は、3つのレベルに分かれています。
実務経験があれば、即試験を受験することが可能です。
受験資格も、実務経験の長さによって変わってきますので注意が必要です。

AEA認定エステティシャン

受験資格は、エステティックに関連する実務経験(フェイシャルまたはボディ)が1年以上ある方です。
エステティシャンセンター試験での受験となります。
受験料は10368円(税込)です。

AEA上級認定エステティシャン

受験資格は、以下2点いずれかを持つ人です。
○フェイシャルまたはボディに関して2年以上の実務経験を有する
○AEA認定エステティシャン資格を取得後、フェイシャルまたはボディに関して1年以上の実務経験を有する
受験内容は、AEA筆記(一次)試験が受験料12343円(税込)です。
筆記試験合格者が対象の二次試験(実技試験)に進み、受験料は15429円(税込)です。

AEA認定インターナショナルエステティシャン

受験資格は、下記のいずれかに該当する方です。
○AEA上級認定エステティシャン資格を取得後、フェイシャル又はボディに関して2年以上の実務経験を有する方
○AEA上級認定エステティシャン資格を保有し、フェイシャル又はボディに関して通算5年以上の実務経験を有する方
受験内容はAEA筆記(一次)試験です。
受験料は15429円(税込)です。
筆記試験合格者が対象の二次試験(実技試験)の受験料は、25714円(税込)です。

これらすべてのエステティシャン資格は、5年ごとの更新制となっています。
エステ業務に必要な資格取得のために、是非参考にしてください。

Post navigation