エステティシャンに必要な技術「施術」

エステティシャンとして必要な技術には、どういったものがあるでしょうか。
一般的な技術は皆共通しているとして、
それ以外のところで他の人よりも評価される技術についていくつか紹介します。
それぞれ単体で取得していても効果的な資格もありますので、是非参考にしてください。

リフレクソロジー

リフレと略されることもありますが、足つぼを刺激するマッサージのことをリフレクソリジーといいます。

リフレクソロジーは、通常のエステで行う機会はあまり多くありません。
メニューにリフレクソロジーが組み込まれているところでは、
リフレクソロジーの資格を保持している人は非常に優遇されることが予想されます。

また個人で開業する際には、メニューにリフレクソロジーを組み込むことができますので、
他のサロンと比べメニューが豊富という部分で利用する人には好印象かもしれません。

アロマテラピー

リフレクソロジーと同様に、アロマテラピーの資格を保持しておくと施術の幅が広がります。
アロマを炊いたマッサージを行っているサロンも多く、
アロマテラピーの資格を保持していればそういったサロンで優遇されることが想定されます。

また個人で開業する際にはアロマテラピーをメニューに組み込むことができますので、
利用者にとっては印象が良くなります。

スパセラピスト

リフレクソロジーやアロマテラピーと重なる部分がありますが、
スパセラピストの資格も持っていると有効活用できる機会が多くなります。
スパ形式のエステサロンは非常に増えており、需要は高まっています。

肉体的なリフレッシュと合わせて、
精神的なリフレッシュも行えるという部分ではアロマテラピーとも少し重なる部分があります。
そういった資格を組み合わせることによって、
他のエステサロンにはない独自性のあるエステサロンを運営していくことが可能になることでしょう。

パックやマッサージといったエステのメニューの他に、
他のサロンではできないメニューが選択できると、非常に好印象です。
開業初期の段階で資格を保持していなくても、経営していく中で資格を取得できれば、
新たな顧客の開拓に一役買ってくれること間違いなしです。

Post navigation