エステティシャンに必要な知識

エステティシャンとしてやっていくためには、大きく分けてエステサロンに就職する、
もしくは自分自身で開業するのどちらかの場合が多いと思われます。
ただどちらにもいえるのが、エステティシャンとして必要な知識を最低限有していなければ、
エステティシャンとして活躍していくのは難しいということです。
どういう知識を身に付けておくと良いのか紹介します。

接客技術

エステのテクニックがあるものと前提にして考えた際に、
一番大切といっても過言ではないのが接客技術です。
天性の才能を持った人を稀に見かけますが、
大抵の人は経験によりその技術を磨いていく形となるでしょう。

接客をするには、ケースバイケースの引き出しの数がものをいいます。
予期せぬ展開にも対応できる人は、
こういった引き出し部分が多いのが共通している部分だと考えられます。

専門的に学習できる場所では、実際に現場に出た時を想定して模擬接客をすることがありますが、
結局は数ある事案の一つに過ぎません。

本当の接客技術は、自ら磨いていく以外方法はないかもしれません。
エステ以外でもアルバイトなどで養うこともできますので、
意識して行ってみると良いでしょう。

スキンケアに関する知識

他のエステティシャンと差をつけるためには、肌に関する知識を身に付ける必要があります。

エステを施術している際に、ほんの少しだけ知識として
「こうやると肌に良いんですよ」というような会話ができれば、
お客さんが抱く印象は変わってきます。
お客さんから質問された時にもサラッと答えられると、
お客さんも気持ちが良いはずです。

エステは人対人の仕事になってきますので、
お客さんがあなた自身に興味を持ってくれるようにするのに、
スキンケアアドバイザーなどの資格を保持すると良いかと思います。

上記で紹介した内容は、あくまでエステの技術をある程度持った人を対象にオススメしています。
まだエステの技術的な部分でも自信がない方は、
実際にお店で働くなどして実績を積んでから開業を目指すのが賢明ではないでしょうか。

Post navigation