エステティシャンの志望動機

エステティシャンになるために面接を受ける際に、まずしっかりと押さえておかなければいけないのが、自分がどのような志望動機を持って、該当のエステサロンにおいたのかということです。
自分がなぜエステティシャンになりたかったのか、そしてどのようなエステティシャンを目指しているのかということを考えながら、しっかりと文書を作っていきましょう。
特に、文章全体を見た時の印象にも気を付けることがポイントです。

エステティシャンの志望動機を書く時に

志望動機というものは、なぜ自分がエステティシャンになりたいのかということと、もう一つ何故このサロンで働きたいのか、という二つの観点から話を進めていくことになります。

そのため、この二つをまずは自分の中で別々のものとして考えましょう。
自分がエステティシャンになりたいと思ったきっかけやエステティシャンに対する憧れ、エステティシャンとしての自分のこだわり等を、まずはしっかりと文章にしていきます。
その次に該当のエステサロンに対してどの様な思いがあるのか、あるいは自分がどの様な形でその業務に対して力に慣れるのかを考えていきましょう。

そして最終的に、その二つを統合させた文章で締める、という形がスタンダートな文章となってくるでしょう。
二つの考えを一つの形にしていくことによって、自ずと志望動機というものができ上がってくるかと思います。

志望動機で大切なことは、自分個性をアピールすること

自分の個性というと、中々自分自身では把握できにくいことかもしれません。
特に日本人は個性よりも集団意識を重要視された教育を受けていることから、外国人に比べると自己アピールというのは多少苦手な人も多くなっているでしょう。

そんな中で、自分の個性をアピールするということは、自分のこだわりをアピールするということです。
これは基本的なことで、「お客様を綺麗にしたい」「お客様に笑顔になってほしい」ということでも構いません。
自分がどの様な気持ちでエステティシャンになりたいと思ったのか、ということを一つの個性としてアピールしていきましょう。

志望動機を書く際に迷った時には、自分が何故エステティシャンを目指したのかを考えてみることがポイントです。
その上で、自分にできることや得意分野をアピールしながら、自分の良い面を全面に出していきましょう。

Post navigation