エステティシャンの1日

エステティシャンの仕事の内容は、エステサロンによって異なります。
また独立開業など、自分のお店を持っている人によっても仕事の流れは変わってきます。
エステサロンに務めるエステティシャン、そして独立開業しているエステティシャン、
それぞれのエステティシャンの1日の流れをご紹介します。

エステサロンに勤めるエステティシャンの1日

エステティシャンの仕事は、それぞれのお店によって異なります。

まず朝は、開店時間に合わせて出勤します。
10時オープン、11時オープンなど、
お店のオープン時間に間に合うように出社して開店準備を行います。

エステサロンで毎日欠かせない作業が店内の清掃であり、
お客さんに気持ち良く過ごしてもらえるために念入りに行います。
施術で使う機材、備品、ベッドなどをキレイにします。

 

そしてオープンの前に、朝礼、ミーティングを行います。
ミーティングでは当日の予約状況などを確認し、今日1日の流れを皆で確認します。

開店後はカウンセリング業務マッサージ業務を行います。
カウンセリングでは、サロンが初めての方に丁寧に施術方法などを説明します。

 

営業が終わると、片付け終わりのミーティングを行います。
終わりのミーティングでは今日1日の反省、明日のスケジュール確認などをして終了です。

お店によっては、早番や遅番などのシフト設定なども含まれるでしょう。
以上がエステサロンの1日の流れになります。

 

独立開業したエステティシャンの1日

独立開業者は、自宅の一部をエステサロンに改造しているところも多いので時間に余裕があります。

開店前はエステサロンと同じ、掃除や開店準備をします。
開店後は時間を見て出張施術に出向き、その間に営業なども一緒に行います。
出張施術は、育児などで外に出られない方たちのサービスです。

出張施術が終わり、サロンに到着したらメールチェックや予約の確認などを行います。
エステサロンと比べ、比較的時間に余裕があるのが大きな特徴です。
そして作業が落ち着いたところで、本日の業務は終了になります。

 

独立開業者の1日の作業は、マイペースでできるところが特徴といえるでしょう。
もちろん、お店の規模やスタッフの数などによって変わってきます。

エステティシャンの1日の仕事の流れは、エステサロン、
独立開業者それぞれの内容に大差はありません。
独立開業者の方は自分のペースでできるのがメリットですが、
その分自己管理が大切になります。

Post navigation