エステティシャンのつらいこと

エステ業界の中でも人気のある仕事、それがエステティシャンです。
エステティシャンの仕事に憧れている人も多いのではないでしょうか。
人気のある仕事ですが、人によってはつらいこともあるようです。

 

立ち仕事

実際にエステティシャンとして仕事をしている人の中には、
様々な悩みを抱えている人も少なくありません。
その中でも多いのが、仕事のスタイルです。

エステティシャンは立って仕事をすることが多いので、
腰を痛めたり多くの疲れを感じたりする人もいるようです。
立ち仕事の時間が短ければ良いのですが、お店によってはその状態が長時間に及ぶこともあります。
特にマッサージなどは、施術中も立ちっぱなしになることがとても多いのです。

 

エステティシャンの仕事を見て、華やかで美しいイメージを持つ人も多いと思います。
しかし実際の仕事は、立ち仕事が多いのが実情です。
現場で働くエステティシャンの中には、自分自身の健康を心配している方も少なくありません。

このように、エステティシャンの仕事は体力を必要とする面もあります。
立ったままで仕事をすることに、つらさを感じている人が多いようです。

 

エステティシャンの職場環境

エステサロンでは様々なエステティシャンが仕事をしていますが、
それぞれのお店によって労働環境はまちまちです。
労働環境に恵まれているお店もあれば、労働環境が悪いところもあります。

お店の知名度が向上するにつれて、エステサロンの数も増加しています。
更にお店のサービスが多様化しており、
エステサロンで働くスタッフに課せられる売上の目標を設定しているお店もあります
中には、1ヶ月の売上ノルマを課しているお店もあるようです。

 

スタッフにとって働きやすい職場環境が整っているかどうか、とても大切な要素といえます。
エステサロンの厳しい職場環境に耐えることができず、転職を余儀なくされた人もいます。

エステサロンの運営を行う会社の規模や内容などによって、職場環境は異なります。
エステティシャンにとって働きやすい職場、それが大切なことだといえるでしょう。

 

 

エステティシャンとして働いている人の中には、仕事のつらさに悩んでいる人も
いるかもしれませんが、職場環境が良くないエステサロンは、一部と言えます。

エステティシャンが、将来の目標をもって
活き活きと精一杯働ける環境を提供しているエステサロンも多くありますので、
自分に合ったエステサロンを見つけることも重要です。

 

 

Post navigation