エステティシャンの役割

全国の美容室などで活躍しているエステティシャンは、人気の高い職業の一つです。
エステティシャンが実際に提供するサービスはそれぞれ異なりますが、その役割は皆同じです。
エステティシャンの役割を紹介します。

人を美しくキレイにする

エステティシャンは、人の顔やボディをキレイに美しくするプロフェッショナルです。
エステティシャンの仕事は人によって様々です。

技能や道具、化粧品などを使いながら、マッサージ
トリートメントパックなどを行い、お客さんをキレイにします。

クリニックでの治療とは異なり、健康なお客さんに様々なサービスを
提供するのがエステティシャンの役割といえます。
お客さんが満足することで、お店、また自分自身も成長していくことができます。

美の追求

エステティシャンは、美を追い求める仕事でもあります。
時代によって美しさの内容も変わっていきますので、
エステティシャンも動向をしっかり把握しておく必要があるでしょう。

各自の希望、要望に沿ったサービスを提供することが大切です。
美しさの意味も様々で、人によってとらえ方は異なります。
オシャレをしてキレイになるのを美と感じている人もいれば、
健康的な体を美と思っている人もいます。

各自が感じているそれぞれの美を追求していくのが、エステティシャンの役割でもあります。
見た目のキレイだけに留まらず、心身共に健康な状態を提供することが重要です。

満足感や幸福感を与える

エステティシャンは、お客さんの心に寄り添う必要があります。
一人一人のお客さんの心に寄り添って、
相手に満足感や幸福感を与えることがエステティシャンの役割です。

「美しくなりたい」「スマートになりたい」という、
お客さんの希望を叶えるために、一人一人に合った施術を行うのがエステティシャンです。

人それぞれライフスタイルは異なりますので、まずはお客さんの希望を察知する必要があります。
カウンセリングなどを有効利用して、お客さんの希望を叶えてあげてください。

エステティシャンは人の外面だけをキレイにするだけでなく、
内面もキレイにしてあげることが大切です。
一人一人その役割を自覚して、最高のサービスを提供することを忘れないでください。

Post navigation