エステ資格の取得方法

日本の女性は年々、年齢を問わず美意識が高まってきています。
そのため、自分が美しくなりたいだけでなく、
周りを美しくしたいという考えを持つ女性が増えていることから、
エステティシャンになりたい人が増えてきています。

エステ資格の取り方

として仕事に採用してもらう際には、
エステ資格や美容資格を持っていると大変有利な場合がほとんどです。
エステ資格の取り方は専門学校へ通う方法と、通信講座等を利用し自分で勉強する方法の2つがあります。

 

専門学校で取得できるエステ資格の例として、
「認定トータルエステティックアドバイザー資格」「認定上級エステティシャン資格」「認定エステティシャン資格」「認定フェイシャルエステティシャン資格」「認定ボディエステティシャン資格」などがあります。

認定エステティシャンと認定上級エステティシャンの資格であれば、
認定上級エステティシャンの資格の方を取得したいところです。
もちろん認定エステティシャン資格と比べれば、認定上級エステティシャン資格の方が難易度は高くなります。
ですが、あまり心配することはありません。

何故なら、認定エステティシャン資格の試験を受けるのには300時間以上が必要になるのに対し、
認定上級エステティシャン資格の試験を受けるのには1,000時間以上が必要になるからです。

認定上級エステティシャン資格を取るためには、認定エステティシャン資格の3倍以上の勉強時間になってきます。

そのため難易度が高くなったとしても、その分勉強していることから、あまり難易度の差を感じることはないでしょう。
筆記試験と実技試験をどちらもバランス良く対策しておくことが、資格を取得するためには重要です。

 

通信講座で取得できるエステ資格の例として、
「スキンケアフェイシャリスト資格」「スキンケアカウンセラー資格」などがあります。

これらは通信講座ですので、自宅で自分の時間で勉強をして、知識や技術を身につけることができます。

 

資格だけでなく

エステ資格を取ることができれば、きちんとしたエステティシャンにはなれますが、
エステティシャンは周りを美しくするだけでなく、自分が美しくなければいけません。
美意識は高く持ち、美容の知識もしっかりつけましょう。

エステ資格の取り方は、決して多くありません。
最も重要なのは、一流のエステティシャンになりたいと夢を持ちながら勉強することですので、
専門学校へ通うにしても自分で勉強するにしても、しっかりと目標をたてましょう。

Post navigation