エステティック業界の現状

エステティシャンとして働くのであれば特別な資格が必要あるかというと、
そうではありません。
今のエステティック業界の現状を考えるのであれば、
エステティシャンの資格を持っていないと雇ってくれる職場は少ないでしょう。

エステティシャンの資格について

エステティシャンには国家資格がありません。
国家資格とは、国や地方公共団体などが法律に基づいて実施する試験で、
合格した人に国から与えられる特別な資格のことをいいます。
女性の仕事として人気の高い美容師や保育士などは国家資格です。

エステティシャンが国家資格でないのであれば、
誰でもエステティシャンになれるのかと疑問になることもありますが、
エステティシャンは民間資格になります。
民間資格と国家資格の違いは、法律などの規定がないことにあります。

民間企業などが、独自の審査基準で資格の認定をしてくれます。
そのため、試験を行うのは民間企業や団体になります。

民間資格のエステティシャンには問題点も?

これはエステティシャンの問題でもあり、民間資格の問題でもあるのですが、
エステティシャンの資格を取得できたからとして、
その人にエステティシャンの力量があるのかと問われると100%そうとはいえません。
エステティシャンは人気のある仕事ですが、問題点も少なくありません。

エステティシャンの仕事には「脱毛」があります。
この脱毛の問題で、「エステで脱毛すると無駄に痛いだけで、効果があまり感じられない」
「エステの脱毛は痛くないが、効果もない」など、評価が悪いことがあります。
エステティシャンに脱毛の技術があったとしても、
そのエステティシャンによって技術の差が大きいことも問題になるのです。

「このお店で脱毛したら痛くなかったが効果があったのに、
違うお店での脱毛は痛かったのに効果がなかった」こんな事態にも、
最悪の場合はなってしまいます。
そのためエステティシャンだけでなく、
民間資格のほとんどが世間からあまり信頼されていないのです。

エステティック業界は、エステティシャンが国家資格でないことを受け入れていますので、
世間の方に信頼されるように様々なスキルを磨いています。
そのため、エステティシャンになるためには覚悟が必要です。

Post navigation