エステティシャンの給与

仕事をする上で最も重要なことは、「給与」ではないでしょうか。
専業主婦ではなく女性でも働くことが珍しくない時代ですので、
仕事を選ぶ上で給与を1つの参考材料にしましょう。
「エステティシャンの給与」について、知っておきましょう。

エステティシャンの給与

エステティシャンは、働く地域によって給与は大きく異なってきます。
正社員の一年目の給与の目安は、月給で平均的に20万円前後になりますが、
これは仕事としては決して高い方ではありません。
エステティシャンとして働く場合、平均的な月給は20万円だとしても、
労働時間と並行して給与が高くなるわけではないのです。

そのため正社員の場合、シフト制をとっているエステティックサロンへ就職した方が得策になってきます。
一般の会社では年齢が上がるほど給与が高くなるところが多くありますが、
エステティシャンに関してはそうではない場合がほとんどです。

エステティシャンとしての経験を多く積み、スキルがあればあるほど給与がアップする方式が当たり前になるでしょう。
年齢がいくら高くなったとしても、スキル不足であれば何年経っても給与は初任給の20万円前後から抜け出せないのです。

エステティシャンとして仕事をしていく上で、毎日が修行になってきます。

エステティシャンと他の仕事の給与を比較

女性が働く職場として、エステティシャンの他に美容師保育士
栄養士看護師などが人気になってきますが、エステティシャンとの給与を比較すると、大きな差はありません。

20万円前後の月給を目安にするのが良いですが、栄養士や看護師は仕事の経験年数や、
年齢などによって給与が高くなりますので、そこはエステティシャンと異なるところです。

どの仕事も、年収は300万円から400万円ほどでしょう。
ですが、エステティシャンは成功すると他のどの仕事よりも高い給与を得ることのできる仕事ですので、
メリットは十分にあります。

仕事で給与が大切であるのは当たり前ですが、給与と同じくらい大切なのは自分の仕事にやりがいをもてることです。
エステティシャンになるのであれば、給与のためにスキルアップを意識しましょう。

Post navigation