エステティックサロンのいろいろ アロマテラピー

アロマテラピーは、エステサロンの中でも人気のカテゴリです。
気持ちをリラックスさせる香りのする部屋でマッサージを施術することで、
精神的にも肉体的にもすっきりとすることができます。
そんなアロマテラピーの資格について紹介していきます。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーは、日本には1985年に伝わったといわれますが、その歴史は2千年以上あります。
正式にアロマテラピーと認定されたわけではありませんが、
有名なところではクレオパトラがバラの香りを好んで嗅いでいたとされています。

エッセンシャルオイルと呼ばれる、
医学的にも効果があるとされるオイルを焚いてホルモンバランスを整えるなど、
オイルの種類によって様々な効能があることが分かっています。

アロマテラピーの資格は

アロマテラピーのプロを、アロマセラピストと呼びます。

アロマセラピストになるには、正式には資格は無くてもなれます。
ただ資格や肩書がない人と資格を所持している人に施術してもらうとなった場合には、
資格を持っている人の方が人気となりますので、後々独立した時には大きな差となってくるかもしれません。
そういった意味でも、アロマに関する資格を所持しておくのは必要になってきます。

アロマの資格にはいくつか種類があり、簡単な内容の試験を受けるだけで取得できるものから、
スクールに通ってある程度の期間学習しなければ取得できない資格まであります。

スクールに通って取得した資格は、
アロマに関すること以外にも色々と学ぶことができますので、後々にも活きてきます。

スクールのメリット

一番のメリットは、独立するための知識をつけることができる部分です。
独立に向けて支援を受けることができるのと、
開業資金の援助、器具や道具を割安で手に入れることができるなど、
総合的に見るとすべてがメリットといっても良いかもしれません。

ただし一定期間の時間がかかりますしスクールで学ぶための費用も必要になりますので、
理想をいえばエステサロンでバイトをしながら学ぶことができれば、
接客技術などを磨きながら学習することが可能となるでしょう。

アロマテラピーの資格は、自宅で開業することができるという部分でも人気が高いのです。
アロマは、女性にとってもかかすことのできないものです。
アロマに関すること以外にも、知識をつければ自宅で十分なエステを施術することができるようになるでしょう。

Post navigation