エステティックサロンのいろいろ まつげサロン

少し前から人気となっているエステにまつげのエステ、いわゆるマツエクと呼ばれるものがあることはご存知でしょうか。
つけまつげとも、まつげパーマとはまた違ったタイプのまつげメイクとなっています。
実際に、マツエクとはどのようなものなのでしょうか?

マツエクのメリットデメリット

マツエクのメリットとしては普段のメイクが楽になる、自然にまつげの印象を長くし、ボリュームがあるように見えるという点があるでしょう。
マスカラを使う必要が無いほどしっかりとしたまつげの印象になりますので、普段のメイク自体は楽になります。

また自然な形をキープできますので、変にケバくなったりという心配もありません。
次にデメリットですが、自まつげの上にまつげをくっつけていますので、次第に量が減ってきてしまいます。

完璧な形を常にキープしたいと思った時には、小まめなリペアが必要になってくるでしょう。
顔を洗う際にも、乱暴にしてしまうとまつげが取れてしまうので、日常生活の中でも気を付けなければいけません。

マツエクとは

マツエクに使用される素材としては、基本的にはシルクミンクセーブルという素材が使われています。
それぞれの素材に特化したポイントがありますので、どのポイントを押さえたいのかというお客様の希望によって、マツエクに使う素材を選んでいくことになります。

シルクは自然な仕上がりになりやすく、も出るのでマスカラを付けられない物足りなさもありません。
ただし、シルク自体がやや硬い素材でできていますので、まつげの取れ具合は他の素材に比べると早くなってしまいます。

次にミンクですが、他の素材と比べて軽い素材でできていますので、付けた時の違和感が少なく、持ち自体も比較的長めとなっています。
ボリュームが出やすい素材でもありますので、まつげの量を増やしたいという時には、一番使われやすい素材でしょう。

最後にセーブルですが、マツエクに使われる素材の中では高級なものとなっています。
持ちも付けた際の印象も、一番ナチュラルに仕上がるので人気があります。

マツエクの一番の利点というと、やはりナチュラルなまつげが24時間持つという点です。
肌にかかる負担自体も無いため、最近特に注目をされている様です。
どの様なまつげが似合うのか、どれくらいの量が適量になるのかをしっかりと見極めていきましょう。

Post navigation