美容資格として人気のエステティシャンになるには?

エステティシャンになるための国家資格はありませんが、
多くの人は、民間団体の認定資格を取得して、エステティシャンになっています。
エステティシャンは美容資格の中でも人気の高い資格です。
エステティシャンの仕事は、フェイシャルエステやボディケア、リフレクソロジー、脱毛などが挙げられます。
これらの施術をするエステサロンは全国的に増加しており、手に職があれば全国どこでも就職することができます。

エステティシャンになるルート

エステティシャンの需要の多さと、手に職ということで、
スキルがあれば、全国どこでも就職ができるという強みがあります。
エステティシャンになる一般的なルートは高校卒業後にエステティシャンの養成学校やスクールに通い、
美容資格を取って、卒業後にエステサロンに就職するルートです。
しかし、現在は美容資格の手に職がつけられる人気の職業ということもあり、
短大や大学を卒業してから、養成学校やスクールに入学する人も増えています。
社会人で営業経験がある人は、営業に力を入れているサロンでは、
優先的に採用される可能性もあり、一概に、どのルートがいいとはえいません。
スクールに通う利点としては、知識や技術が集中的に学べる点や、
仲間ができること、現役のエステティシャンに直接指導してもらえることが挙げられます。
また大手のエステサロンが運営するスクールでは、卒業後に直接そのエステサロンに就職するという道もあります。
スクールに通わずに、独学や通信教育、またエステサロンで働きながら資格取得を目指す人もいます。
しかし、最近は未経験者を採用するサロンは少ないため、
スクールで基礎からみっちり勉強してから、就職先を探すのが賢明でしょう。

エステティシャンは美容資格のなかでも人気があります。
スクールは卒業までに3ヶ月から1年程度とスクールによって違います。
スクールの選び方としては、無理なく通える場所にあること、開業の知識や考え方を学べる事、ア
フターフォローがしっかりしていること、就職支援などが上げられます。
選ぶポイントは人によってそれぞれ違いますので、何を優先するのかを考えて、スクール選びの参考にしてください。

Post navigation