フェイシャルケア関連のおすすめ美容資格

身体を健康で美しい状態に仕上げ、満ち足りた癒しを提供する場所であるエステティックサロン。
そこで働くエステティシャンは、ボディやフェイシャルマッサージ、
フットケア、脱毛などさまざまな美容分野の技術が求められます。
中でもフェイシャルケアの技術の高い人は喜ばれます。
フェイシャルケア関連の資格を取得すると技術の証明になり、
採用時に有利になります。またお客様からの信頼をより得ることができます。

フェイシャル美容資格のさまざまな種類

フェイシャルケア関係では複数の美容資格がありますが、
おすすめは一般社団法人 日本スキンケア協会のスキンケアアドバイザー資格です。
皮膚科学や化粧品学を踏まえ、正しい方法でスキンケアが行えると認定する試験です。
協会主催の講座を受講し、課題に合格すると取得することができます。
講座では美肌マッサージ、小顔フェイシャルテクニック、
リフトアップテクニックなどに加え、カウンセリング技術や接客スキルも習得できます。
一般財団法人 日本能力開発推進協会のフェイシャルリンパケアセラピスト資格もおすすめです。
フェイシャルリンパケアのスキルを持つことの証明となる美容資格です。
人の体のしくみに関する基礎知識、オイルに関する知識、オイルトリートメント技術に関する技術を審査します。
認定機関のカリキュラムを修了後、検定料を申し込むと試験が送られてきますので在宅で受験します。
また、他に、一般社団法人 日本エステティック協会主催の認定フェイシャルエステティシャン資格があります。
これは衛生、安全面を踏まえ、エステティックの基礎とフェイシャルケア基礎を知っていると人と認定する検定です。
エステについて勉強している者、エステ関連業に従事している者であればだれでも受験できます。
検定は年に3回行われ、筆記試験となります。3年ごとに更新が必要です。

リフトアップや小顔矯正、美肌マッサージなど、フェイシャルはエステの中でも人気の高い施術です。
高いフェイシャル技術を持ったエステティシャンは多くの需要があるといえます。
エステに関してトータルで学び、その上で専門的にフェイシャル技術を習得して強みとするといいでしょう。
そのためにも、フェイシャル関連の美容資格を取得しておくことをおすすめします。

, , ,

Post navigation