美容部員が取得すべき美容資格とは

ドラッグストアや百貨店、イベント会場などで、化粧品に関するアドバイスや、
化粧品の販売などを行うのが美容部員です。美容部員の方は、仕事上、化粧品や美容に関する、
高度な知識を必要とするため、それらに関連する、美容資格を取得することで、
就職や、キャリアアップを目指される際に、非常に有利になる場合があります。

美容部員の髪型

メーカー化粧品のカウンターや、化粧品コーナーなどで勤務されている美容部員の方の場合、
服装や髪型といった、ルックスの面でも、気を付ける必要があります。
美容部員の方は、店頭で、化粧品の魅力を、体現する広告塔のような役割を担うことも、
職務の一つであるため、化粧品メーカー各社の制服もシックなものが多く、肝心の髪型は、
カラーなどを施していない黒髪を、アップスタイルですっきりとまとめている方がほとんどです。
このように、美容部員の方というのは、自身でも、商品のメリットを最大限アピールしながら、
お客様一人一人に合う化粧品をアドバイスしなければならないため、常日頃から、
美容に関連する深い知識を身に付けていなければなりません。
そうした高度な知識を学ぶことができる美容資格には、日本化粧品検定や日本メイクアップ技術検定、
美容師資格、メイクセラピー検定、国際メイクアップアーティスト試験、カラーセラピスト検定、
認定フェイシャルエステティシャン、スキンケアマイスター、スキンケアアドバイザーなどがあります。
また、お客様に直接、カウンセリングを行うことから、
接客心理検定といった、接客面での資格なども、実際の業務に役立ちます。

美容部員になるために必要な美容資格というのは、ありませんが、
習得しておくことによって、ご自身のキャリアアップやスキルアップの際に、
有益な方向に働くことも多くありますので、既に美容部員として働かれている方も、
今現在、美容部員を目指されている方も、日本化粧品検定を始めとする美容資格を取得されてみてはいかがでしょうか。

, , ,

Post navigation