美容部員として仕事に就く際に必要な美容資格

女性に人気の高いエステティシャンは、全身美容であるエステティックを専門職としている職業のことを言います。主な仕事内容は、フェイシャルやボディの施術のほかにも接客やカウンセリングなどを行ないます。お客様が心地良く施術を受けていただくために、サロン内の清掃を開店前に行なうことも仕事のひとつとなります。また、経験年数や技術によっては仕事の内容が多少変動する場合もあることを知っておきましょう。

手に職が付けられるさまざまな美容資格

エステシャンになるには、いくつか美容資格があり、美容資格を取得することで生涯の仕事として手に職も付けられます。
一番人気の高い美容資格は、医師監修の日本スキンケア協会のスキンケアアドバイザー資格で、確かな知識と実践的な技術を身に付けられます。
日本スキンケア協会は、医師や大学教授など信頼のあるメンバーで構成されていますので、従来の皮膚だけを見るスキンケアではなく、あらゆる角度から専門家の知識を取り入れたスキンケアを考えています。
この資格を取得することで、自信を持って美容のプロとしてフェイシャル技術や美肌に関するアドバイス、カウンセリングができるようになります。
この美容資格のほかにも、日本エステティック協会や日本エステティック業協会の認定エステティシャン資格があり、それぞれの協会の認定スクールに通うことでそれぞれの美容資格が取得できます。
インターナショナルで活躍を目指す方は、国際エステティック連盟インターナショナルエステティシャン資格を取得することで、国際エステティック連盟(INFA)のある欧州諸国でエステ業務が行なえます。
皮膚の構造などの基礎からわかり易い図解付きで学習して。

女性の永遠のテーマとも呼ぶにふさわしい美の追求のためのサポートを行なうエステティシャンは、高い知識と技術などの手に職を持つ美容のプロフェッショナルとして大変に魅力のある仕事です。エステティックサロンでの仕事を通し、自分自身の美意識も高まることはもちろん、これからの生き方にも活かすことができ、自らも幸せを手に入れられる仕事でもあります。

,

Post navigation