美容資格によっても違いがある美容部員の業務内容

美容部員は、通常、ビューティーアドバイザーまたは略してBAと呼ばれており、代表的な職場としては、サロン、百貨店・ショッピングセンターの化粧品フロアや化粧品売り場あります。携わる業務によって関係する美容資格は様々であり、提供をするサービスや職場によっても1日の動きが異なるために、目指す場合には内容をよく把握した上で判断をすることが大切になります。

美容部員の一日

美容部員として仕事を始めるには関連のある美容資格を取得する必要があります。
1例として人気の高いエステティシャンを上げれば、代表的なものとして、国際エステティック連盟主催のインターナショナルエステティシャンや、2つの協会によって認定が行われるエステティシャン資格があります。他にもスキンケアやアロマなど関連性の高い美容資格は多く、取得をすることでより内容のあるサービスを顧客に提供することができるようになります。
エステティシャンの1日はサロンによって異なるものの、一般的には、朝は開店時間に合わせて出勤をすると共に、最初に店舗内の掃除を行います。オープン前には朝礼・ミーティングを行い、1日の流れを把握した上で業務開始となります。業務はカウンセリング、マッサージを中心として行い、カウンセリングにおいては施術の内容や効果など顧客が分かるように説明をし、相談等にも対応を行います。
営業時間が終了すれば、片付け、最終ミーティングが行われ、ミーティングでは業務における反省点や翌日の予定確認、連絡が行われ1日が終わります。
エステティシャンでは、自宅などごく小規模に開業をする人も多くいます。ここでの1日はサロンと比べ時間的に余裕があり、自分のペースに合わせてサービスの提供をすることができます。

美容資格は美容部員として就業をしたり、また、独立開業をしてサービスの提供をする場合には必須な資格となります。資格によっても業務内容は異なり、中には大きな設備投資を必要とせずに開業を目指しやすい業務もあります。業種が同じであれば1日の流れに大きな違いはなく、就業先を探す場合には、サロンそれぞれが持つスタイルに違いがあることを知っておく必要があります。

,

Post navigation