セラピストになるための美容資格

世の中の人を美しくしたい、美しくなりたい、癒してあげたい。そう考えている方に合う仕事とは、どのようなものがあるのでしょうか。エステティシャン、ボディケア、アロマセラピスト等、様々な種類の美容に関する職業があります。その中でも人気の高いのはエステティシャンです。全身の美容を専門職としているエステティシャンに必要な資格や仕事内容をみてみましょう。

色々ある美容資格やお仕事の内容

エステティシャンを目指すには、まずお肌の知識を高める必要があります。
その為にスキンケアアドバイザーの資格を取得される方が多くいらっしゃいます。
スキンケアに必要な確かな知識と技術を習得することで、美容のプロとして自信を持ってお客様に施術を行うことができます。
また就職する際に有利になる美容資格としては、日本エステティック協会の認定フェイシャルエステティシャン、認定ボディエステティシャンや、日本エステティック協会の認定エステティシャン資格があります。その他にも美容のプロになるための美容資格はあります。
日本スキンケア協会のスキンケアカウンセラー資格はお客様からの信頼度を上げる美容資格です。セラピストとしての勤務内容には、施術以外にも掃除や片付けの雑務や、カウンセリングファイルの入力等の事務仕事もあります。
セラピストの苦労としてはまず就業時間があります。お客様自身のお仕事を終わられてから、またはお仕事のない休日に来店されます。
その為、就業時間は夜遅くなることが多いですし、土日祝日などは出勤日になってしまいます。
立ち仕事の為、足がむくんでしまったりすることもセラピストの苦労と言えます。
中腰で行う施術が多い為腰痛になってしまう、腱鞘炎になってしまったというセラピストの苦労話もあります。

腰痛や腱鞘炎にならない為に、正しい施術方法を習得することで未然に防ぐこともできます。お客様を笑顔に、美しくしてあげたい、その気持ちがあればセラピストとしてやっていくことができます。美容資格の取得はセラピストとしての自信とお客様の信頼を得る為のものです。将来は自宅で開業したい、独立したいという夢を必ず実現させて下さい。

, ,

Post navigation