専門的なスキンケア知識が習得できる美容資格

お肌のケアに関する内容は、意外と奥が深いものです。職業として、お肌の知識を必要とされるエステティシャンや美容部員にとって、スキンケアアドバイザーやスキンケアカウンセラーなどの美容資格は、とてもメリットのある資格です。知識を習得するだけでなく、自分のスキルアップにもつながる資格取得は、仕事へのモチベーションを上げてくれます。

信頼の日本スキンケア協会推奨の資格

スキンケアアドバイザーやスキンケアカウンセラーなどの美容資格は、日本スキンケア協会が推奨している美容資格なので、信用度が高く、取得すれば、自身のスキルの高さを実証できます。
この協会の構成メンバーは、皮膚科医、精神科医、口腔外科、化粧品研究者、大学教授、トップエステティシャン、元厚生労働省職員など信頼のおけるメンバーです。
学習内容も皮膚の構造や働きなどお肌に関する専門的な知識から、化粧品に関する様々な知識、薬機法に関する知識、カウンセリングの基本にいたるまで、幅広く、プロとしての教養が身につきます。
メイク落としのテクニックやフェイシャルケアの方法など即実践で使える技術も習得できます。
技術面でのテクニックだけでなく、お客様に寄り添ったアドバイスができるよう、メンタルヘルスカウンセリングの手法や印象の良い接客方法など、仕事上でのスキルアップにつながります。
エステサロンなどの場合、これらの美容資格を取得しているスタッフが多いことで、サロンとしての信頼度が高くなり、お客様へ安心感を与えるでしょう。安心感と信頼度の高いお店には、おのずとお客様は集まってくるので、お店の集客力アップにつながります。

美容部員やエステティシャンの方はもとより、これからその職業を目指そうと思っている方にも、この2種類の美容資格は、おすすめです。自分の教養としてだけでなく、プロの美容資格者として活躍の場を増やしたいのなら、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。仕事で忙しい方には、通信教育などで、自分のペースで学習できる方法もあり、活用するといいでしょう。

,

Post navigation