スキンケアを基礎から学べる美容資格

お化粧について正しい知識を得るには、美容資格について学ぶことが早道かもしれません。資格をとるには、皮膚の構造やメカニズム・成分など自分にとっても重要な知識を得ることができます。これらの知識を学ぶことで、間違った方法のスキンケアや化粧方法なども正すことが出来ます。美容資格には種類がいくつかあり、実技試験があるものとないものがあります。

美容資格の種類は沢山あります

美容資格の種類では広く知られているコスメコンシェルジュは、一般財団法人日本化粧品検定協会が主催しています。化粧品の基礎知識を持つスペシャリストを育成します。肌の構造や美容皮膚科学・化粧品の基礎知識・基本的なメイク方法・肌の手入れの仕方などを学びます。1級から3級まであり、1級に合格し協会の会員となり研修を修了することで、コンシェルジュの資格保有者となります。さらに養成講座を受けると、検定を目指す人への指導を行うコンシェルジュインストラクターという認定講師を目指せます。美容薬学検定は特定非営利活動法人・日本セルフケア支援薬剤師センター(薬学検定事務局)が主催している資格です。美容と健康に関する薬学の知識レベルを客観的に評価する試験で、1級と2級があります。皮膚や身体のメカニズム、肌のトラブル・抗菌抗ウィルスなど衛生管理についての知識を身に付けます。また美容エステやコスメなどの専門用語や、化粧品・医薬部外品・サプリメントの成分に関するものが出題されます。コスメマイスターは一般社団法人日本コスメティック協会が主催し、化粧品を扱う際に必要となる総合的で専門的な知識を問われます。化粧品の基礎知識や美容系の仕事に必要となる専門知識を習得します。

美容資格を取るということは、仕事のスキルアップにもなるほかに、自分の為にもなる知識を手にいれられます。資格といわれると学生の難しい試験を連想してしまいますが、スキンケアや化粧品の使い方など女性ならば身近なことが学べる良い機会とも捉えられます。肌の手入れや化粧方法などは自己流になってしまいますが、美容資格を学べばより自分にあったケアが出来るようになるでしょう。

, ,

Post navigation