美容資格取得がすべてではない美容部員への就業

美容部員になることは最新のトレンドを吸収したり、サービスを提供することによる満足感を得ることができ、将来における独立も目指すことができます。一方、華やかな面とは異なり、顧客への対応にはしっかりとした技術や知識はもちろんのこと、マナー、接客に対してのスキルも求められます。そのため就業をした後に後悔をしないためにも自分の適性を十分に把握をした上で判断をすることが大切になります。

美容部員の適正

美容関連には様々な資格があり、取得を目指す場合には、どの美容資格が自分に適しているのか、また、就業形態はどうなのか事前に把握をし、適正を見た上で判断をすることが大切です。
エステティシャンを例に上げれば、まず、必要となる美容資格には代表的なものとして、日本スキンケア協会主催のスキンケアアドバイザー資格・スキンケアカウンセラー資格、日本エステティック協会主催の認定エステティシャン資格、日本エステティック業協会主催のAEA認定エステティシャン資格、国際エステティック連盟主催となるインターナショナルエステティシャン資格を上げることができます。
それぞれの美容資格は基本となる内容に大きな違いはないもののそれぞれに特徴があり、自分に合ったものを選ぶ必要があります。
エステティシャンはメディアに取り上げられるケースもあるなど華々しい印象がありますが、プロフェッショナルとして自らが立ち居振る舞いの手本となる努力が求められ、顧客からの信頼を得るには相応の努力が求められます。ここでは技術の他に接客などの対応も求められ、職場においては整理整頓はもちろんのこと毎日のミーティングもこなす必要があります。むしろ裏方の業務が数多くあることを理解した上で適性判断を行うことが大切になります。

美容部員を目指す場合には、関連のある美容資格の取得が不可欠になります。資格は種類の多さに加え主催団体も複数あり、ここでは自分に適した資格を取得することが長く続けられる大切な条件の1つになります。また、業務においても実際の内容を十分に把握をしておくことが大切になり、フロント業務だけで判断をしないことが求められます。

,

Post navigation