エステで働く方持つべき美容資格の種類

美容資格にはいくつかの種類があります。自分が担いたい役割に合わせてそれらを取得していくことが大切になります。日本中、世界中にはたくさんの美容部員が働いていますが、その方々の中で自分の色を出すには美容資格を複数取得することをお勧めします。資格が自分の実力を裏付けてくれるので、グッと働きやすくなります。

美容部員の役割とその特徴

美容部員として働く上ではどんな資格を持っているかで、役割が異なってきます。他の美容部員との差別化という観点でも美容資格は非常に重要です。美容資格にはネイル、ヘアメイク、エステティシャン、ビューティーアドバイザーなどの分野があり、美容部員になるならば自分がどれを主とするのか考えておく必要があります。ネイルは安定した需要を持つ分野であり、昨今ではジェルネイルを専門に行う資格もあります。ヘアメイクはヘアアレンジとメイクを行う役割を持っているので、首から上の美容は全て担っていると言えます。ブライダル関連や芸能関係などにも就職できる可能性があります。エステティシャンはボディマッサージやフェイシャルマッサージ、脱毛などの施術を行う美容部員です。リフレクソロジーといった精神的なリラックスを与える施術も含まれます。ビューティーアドバイザーは他の美容資格とは一線を画した資格であり、お客さんにアドバイスを行う役割を担います。お客さんが抱える悩みや問題を解き明かし、解決へと導いていきます。お客さんの気持ちを察するカウンセリング能力も必要とされており、美容に関する知識以外も重要となります。

美容資格はあまりにも種類が多いのでどれを取得すればいいか分からないという方もおられるかもしれません。どれを取れば有利になるかということではなく、自分がどんな美容部員になりたいかという観点で美容資格の種類を選択するのがお勧めです。もちろん、エステやサロンなどで働きながら美容資格取得をする方法もあります。

Post navigation