美容資格ならエステティシャンが有利になる?

美容資格といえばさまざまなものがありますが、中でもエステティシャンは需要が高くキャリアアップや独立開業を目指せるものです。すでにエステ系の仕事をしている人でも、資格を取れば手当がついて給料アップも見込めます。どのような勉強をすればいいのか、就職・転職活動にはどのように有利になるのか、美容資格について知ってみましょう。

エステティシャンの美容資格は転職に使える

美容資格の中でもエステティシャンは、エステサロンやリラクゼーションサロン、脱毛サロンなどさまざまな職場がある仕事です。美容施設に限らず、観光ホテルや結婚式場などと提携した場でも活躍できます。仕事に就くこと自体に資格は必須ではありませんが、お客様の体に直接触れてエステを行うため、ノウハウを身につけている有資格者は就職・転職活動で有利です。履歴書を書くときにもアピールできるほか、面接の場面ではやる気があることを面接官に伝えやすくなります。実務経験がまったくない方であれば、まずは美容資格を取ってから就職活動にチャレンジする方法も良いでしょう。
美容資格にもいくつか種類があります。例えば、顔専門のエステに関するフェイシャルエステティシャンや、体専門のエステに関するボディエステティシャンの認定資格などです。最新の美容機器を使ったトリートメントから、自分の手を使ったハンドトリートメントまで専門的なスキルが求められます。これらは独学で身につけることは難しいため、専門学校へ行って勉強する方法も一般的です。家事などでどうしてもスクールへ通えない場合は、通信教育で自宅で学ぶ方法もあります。

美容資格を取るならば、転職に有利なエステティシャンがおすすめです。一度スキルを身につければ自分自身のボディケアにも役立つほか、これから仕事をしていく上でも正社員やパート、独立して自分のエステサロンを持つなど選択肢が増えていきます。美容が好きな人、自分でエステをやってみたい人はぜひエステシシャンを目指してみてはいかがでしょうか。

,

Post navigation