化粧品を扱う仕事で役立つ美容資格

デパートやショッピングモール、ドラッグストアなど、カウンセリング化粧品と呼ばれる化粧品や各メーカーの商品のアドバイザー的な役割を果たす仕事が、美容部員です。美容部員は、一人一人の髪質や肌質といった、個人差に合わせた商品提案をしなければならないため、化粧品に関する知識やテクニックが人一倍必要とされます。

美容部員を目指すなら美容資格を取ろう

美容部員は、基本的に無資格の方でも、就職が可能ですが、あらかじめ取得しておくことで、選考の際に有利になる美容資格がいくつかあります。美容師資格もその一つです。取得すると、まつ毛エクステやまつ毛パーマといった特殊技術を施術することが可能となります。民間団体が主催している、検定にも、メイクセラピー検定やメイクアップ技術検定、日本化粧品検定、国際メイクアップアーティスト試験など、メイクに関連するものが複数あります。また、美容資格以外に、接客心理検定や、お客様一人一人の肌色や好みに応じて、アイシャドウ、口紅、チーク、マニキュアといった、化粧品のアイテムカラーを提案する作業に適した、カラーセラピスト試験なども、美容部員が行う、カウンセリングや接客といった職務に役立ちます。美容部員は、接客から商品の提案、お客様のメイクアップ、新商品などの商品機能の把握、在庫確認や発注作業、陳列、顧客管理といった職務内容が多岐にわたることも多く、主な職務である、接客や商品の提案に関連する美容資格などを取っておくことで、就職面だけではなく、カウンセリングなどの実務面においても、非常に役立つ資格となります。

美容資格にも、国家や民間問わず、バリエーション豊富な種類のものがありますが、美容部員に就職される際に役立つ資格をお探しであれば、実際の職務内容に合わせたものや、ご自身の、美容に関する見識をより深めることのできるものを前もって取得しておくことが必要です。すでに美容部員として働かれている方も、これから働かれる方も、メイクに関する知識を深めるために、美容資格を取得されてみてはいかがでしょうか。

, ,

Post navigation