メイクなどの美容資格を取得する

エステティシャンとして仕事をするには、大きな権威ある団体の資格を持っていることが要求されます。国家認定ではありませんが、専門家としての知識とノウハウを持っているかどうかの顧客側の判断基準になりますから、エステティシャンとして業務につく際には、この美容資格を取得しておかなければならない必須事項となっています。美容資格には、通信教育だけで取得できるものと検定が必要なものがあります。

美容資格は通信教育でも学習が可能です

エステティシャンなどの美容資格には以下のものがあります。

1.一般社団法人日本スキンケア協会のスキンケアアドバイザー。皮膚科医監修のテキストで、皮膚の構造から特徴、スキンケアの医学的知識から化粧品のノウハウと実践テクニックまでを学びます。この教育と受けた後で、美容専門家として認定されます。
2.一般社団法人日本スキンケア協会のスキンケアカウンセラー。顧客のカウンセリングを行い、正しい美容提案が出来るカウンセリング技術を身につけた者が認定され、ワンランク上の専門化をみなされます。
3.一般社団法人日本エステティック協会の認定エステティシャン。協会認定校で300時間課程の修了か実務経験3年以上を積んだ人が認定されます。ここからが本当のエステティシャンと呼ばれる者に相当します。
4一般社団法人日本エステティック業協会(AEA)認定エステティシャン。AEA認定のエステティシャンとして認められますが、通学または通信教育の過程を300時間かあるいはそれに相当する実務経験が要求されます。3つのレベルが有り検定試験に合格する必要があります。
5.一般社団法人国際エステティック連盟インターナショナルエステティシャン(本部ベルギー)。最も高いレベルの資格で、国際エステティック連盟が認めるエステティシャンの国際資格です。検定に合格すれば世界的レベルの資格になります。

美容資格には、業界団体が認定するものに5種類ありますが、最初は通信境域でも取得できます。実務を重ねて高いレベルになる事も可能です。専門的知識と実践テクニックをマスターした者に与えられますから、顧客も安心してエステが受けられます。各段階ごとに医師や専門家のアドバイスも受けて向上していきますから、ベテランになれば年収も高くなります。

, ,

Post navigation