転職でも有利になりスキンケアの美容資格

美容部員として働く場合に必須となるものに美容資格があります。美容資格には多くの種類があり認定に関しては各団体によって行われていますが、美容部員として就業を希望する場合には採用判断基準の1つになります。中でもエステティシャンを目指す場合にはスキンケアの資格が求められ、取得をしておくことで転職先も探しやすくなります。

知っておきたい資格の種類について

転職など、エステティシャンを目指す場合に大きく関連のあるものとしては、スキンケアアドバイザー、スキンケアカウンセラー、スキンケアスペシャリスト、スキンケアスタイリストがあり、他に特化した内容を持つベビースキンケアがあります。
美容資格は特徴として、各民間団体によって認定されている点があります。おすすめとなるものとして5つを上げることができ、日本スキンケア協会が主催をするスキンケアアドバイザー・スキンケアカウンセラー、日本エステティック協会が主催をする認定エステティシャン、日本エステティック業協会が主催をするAEA認定エステティシャン、国際エステティック連盟の主催となるインターナショナルエステティシャンがあります。
それぞれの認定は、エステティシャンとしてのスキルを得るための基本的な内容は大きく変わらないものの各団体によって独自の特徴が設けられており、取得をする場合は内容を十分に確認をした上で判断をすることが大切になります。また、受験条件にも違いがあり、例えば、スキンケア協会のスキンケアアドバイザーの場合は協会が定める通信教育を受講して初めて受験に挑戦することができ、取得後においても年会費6,000円の資格継続経費が必要になります。

美容資格の取得は転職だけでなく、独立開業や信用力のアップ、リピート率アップ、客単価アップにつなげることができます。肌のケアに関しては正しく行うために、皮膚への知識や、化粧品科学の知識、他にも生体理論に関係した技術の取得などが必要になります。認定は、受けることでスキンケアに関する様々なノウハウを要している証明となるために、転職を有利に進めることができます。

, ,

Post navigation