化粧品に関係する様々な美容資格

主に、化粧品を取り扱う職業に、役立つものとして、一口に美容資格といっても、具体的な職種によって、バリエーション豊富な種類の資格があります。美容に関するものか、カウンセリングに関するものかという目的別でも、取得される美容資格は異なりますので、取得を目指される前に、ご自身の希望と照らし合わせて、決定されることが必要です。

代表的な美容資格の種類

美容資格として、代表的な資格は、6つほどあります。まず一つ目は、スキンケアアドバイザーです。スキンケアアドバイザーでは、基礎化粧品に関する知識を身に付けることができます。二つ目は、スキンケアカウンセラーです。アドバイザーの上位となるスキンケアカウンセラーでは、よりレベルの高い化粧品知識の他に、カウンセリングの技能についても学ぶことが可能です。三つ目は、コスメマイスターです。コスメマイスターは、化粧品の成分や、皮膚のメカニズムといった根本的な知識を学べます。四つ目は、コスメコンシェルジュです。こちらの検定は、美容資格の中で、最も有名な資格であり、習得には、美容皮膚科学や、スキンケア法、薬事法、メーキャップの基礎などの幅広い知識が必要とされています。五つ目は、スキンケアマイスターです。スキンケアマイスターは、コスメマイスターと異なり、エステ業界や化粧品業界などで実際に、働くために必要な技能や、美容医療などの知識が検定内容となります。代表的な美容資格の最後の一つは、美容薬学検定です。美容薬学検定は、取得するために、化粧品やエステなどの美容知識から、身体の構造、衛生管理、医薬部外品などに関する知識まで、必要とされます。

美容資格には、より高度な知識を得られるものから、広範囲にわたる知識が必要となるものなど、実に様々な種類のものがありますが、種類によっても、細かな目的や用途は異なります。エステティシャンや、化粧品メーカーの美容部員といった、職種によっても、目指すべき資格に違いがありますので、学びたい知識や習得したい技能などに応じて、選ばれてみるのも良いでしょう。

, ,

Post navigation