エステティシャンに必要な美容資格の取得

心身を美しい状態に導き、癒しと安らぎを与えてくれる場所として、エステティックサロンが人気です。美容資格がなくてもエステティシャンにはなれますが、美容への関心が高いことはもちろん、生理学や皮膚学などの専門知識から、マッサージやトリートメントといった技術、そしてコミュニケーション能力や接客スキルが必要となります。

美容資格を取得するために

そこで、多くの人は、必要な技術や知識を習得するために、美容系の学校や通信講座で学び、美容資格を取得します。
美容系学校に進学せず、サロンに就職して働きながら知識や技術を覚えるケースもありますが、なんの下地もないままサロンに採用されるのは簡単ではありません。学校か通信でしっかり学んだ人が採用に当たっては有利になります。
美容系専門学校では、学校によってカリキュラムに違いはありますが、皮膚科学や解剖生理学、化粧品学、色彩学といった理論と、フェイシャルやボディマッサージやメイク、フットケアといった実技とを学びます。学校によっては、エステティシャン資格だけでなく、ネイルやアロマテラピー、メイクアップといったさまざまな美容資格も取得できるところがあります。
通信教育で学べるところもあります。日中は別の学校に通いながら、あるいは仕事をしながら、勉強したい方や、美容資格を取得したい方におすすめの方法です。ただし、理論には関しては自宅で学ぶことができますが、実技科目は学校などにいきスクーリングで学ぶのが一般的ですので、学校や仕事のある人は注意しましょう。通信の場合は、エステティシャン資格以外の美容資格には対応していないことが多いようです。

エステティシャンになるには、専門の美容系学校で理論と実技をきちんと学び、資格を取得するのが確実な方法と言えます。エステティシャンだけでなく、ネイリストやスキンケアアドバイザー、スキンケアカウンセラー、色彩検定など、幅ひろい美容資格を取得しておくと、将来働いた時に仕事の幅が広がります。また経験を積んだ後は独立開業も夢ではありません。

, ,

Post navigation