セラピストを目指すなら美容資格を取得しよう

近年、美容意識の高まりから、多くの女性の注目を集めているのがセラピストです。セラピストとは、リンパマッサージや足つぼマッサージ、リフレクソロジーなどの施術を行う方のことを言います。セラピストに関連する美容資格には、民間の団体が主催しているものも多く、取得される前に、本当に必要な技能を見極める必要があります。

セラピストの雇用形態や必要な美容資格とは

現代社会には、ストレスも多く、セラピストという職種は、絶えず必要とされる職種であると言えます。そのため、求人数も多く、セラピストの雇用形態は、正社員や契約社員、派遣社員、アルバイト、業務委託といった具合に、様々な種類のものがあり、そのどれかによっても、勤務体系が異なります。セラピストの雇用形態でよくあるパターンとして、店舗勤務のセラピストの場合であれば、営業時間に準じたシフト体制となるため、勤務時間が長時間にわたるケースも多くあります。セラピストを目指すのに必要な美容資格には、数多くの種類があるため、ボディ系や心理系、エネルギー系の、どのセラピストであるかという、種類によって、目指すべき資格も変わってきます。セラピストの代表格であるボディ系セラピストであれば、あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師、理学療法士、作業療法士などの国家資格から、エステティシャン、整体師、カイロプラクター、リンパマッサージ、タイ古式マッサージ、リフレクソロジスト、ボディケアセラピストなどの民間資格まで、数十種類にも及ぶ種類の資格が役に立ちます。資格の種類によっても、習得が可能な技術に違いがありますので、セラピストの種類に応じて選ばれると良いでしょう。

セラピストによっても、必要な技能が異なるため、取得を目指す美容資格を選ばれる際は、そうした点も考慮しなければなりません。セラピストは、勤務時間が長時間になることが多い分、大手企業の場合、その対価として、福利厚生の面において、様々なサービスが非常に充実しているケースがほとんどです。また、未経験の方でも可能という企業も数多くあるため、就職のしやすさも魅力の一つです。

,

Post navigation