セラピストと美容資格の取得など

美容資格などを取得して活動するセラピストの一日は非常に忙しいものです。美容資格などの取得は、仕事に携わりながら取得することもできますし、スクールに通って取得することもできます。あとはサロンなどでの作業を通して技術を学ぶことになるので、常に向上心を持って取り組み姿勢が必要になります。さらに独立すると、サロン運営に関わる仕事も抱えることになります。

セラピストの一日を知る

セラピストの一日は非常に忙しいものです。サロンでの施術はもちろんですが、美容資格などを取得するための勉強も行う必要があります。また慣れてくれば集客やリピーター確保のためのDM発送、チラシ配布なども行うこともあります。取得する資格は美容資格の他にも生理学や心理学、健康や医療に関わるものまであります。もちろんこれらを全て取得する必要はありませんし、最低限セラピストの資格があれば独立も可能です。ただし自分のサロンを経営するとなれば、さらに忙しさは増します。スタッフの教育や備品管理、機材のチェックやタオルなどの発注も行います。もちろん、自身の技術向上に向けて常に勉強することも必要です。もちろんこれは繁盛店となった場合の話で、通常は予約を入れての接客となるのでお客さんが少なければそこまで忙しくなりません。けれども顧客が少なければ、サロンの運営継続は難しくなります。そこでどのように集客するのか、リピーターを確保するのかを考えることが必要です。その集客のための勉強も行いますし、チラシ作成などの勉強も執拗となります。このようにセラピストとしての技術向上とスタッフの育成、さらに店舗運営と一日に何役もこなす必要があります。

セラピストに求められる資格は、セラピスト資格や美容資格の他にも様々なものがあります。その取得の勉強も含めて、一日の作業は多大なものとなります。さらに独立して自分の店舗を運営するとなれば、スタッフの育成や集客活動も必要です。このように多くの作業を一日の中でこなすことになります。その合間に、セラピストとしての技術を磨くことも行います。

,

Post navigation