美容資格を取得してスキンケアのプロになろう

女性の美容意識の高まりから、美容関連の器具やお肌のトラブルに合わせた化粧品などが美容機器メーカーや化粧品メーカー各社から発売され、一般家庭でも、質の高いスキンケア商品が普及している近年では、そうしたブームに乗って、化粧品やスキンケアに関する、様々な美容資格や検定などを民間団体が提供するようになりました。

美容資格や検定の種類

数ある美容資格の中で、最も有名な資格がスキンケアアドバイザーです。スキンケアアドバイザーでは、薬機法から、基本的な化粧品の知識、ニキビやしわ、シミといった肌トラブルの対策などを短期間で習得できます。スキンケアアドバイザーと同様に、美容に携わる方の間で、その名前を知らない者は居ない程、美容業界に浸透している資格が日本化粧品検定です。こちらの検定では、美容皮膚科学から法律、美容の基礎といった幅広い観点から、美容の知識を学ぶことが出来ます。そのため、エステティシャンや美容部員、メイクアップアーティスト、美容師、ネイリスト、カラーコーディネーター、化粧品会社の社員の方など、すでに美容業界で働かれている方が取得されるケースが多い資格となっています。また、スキンケアアドバイザーよりも、高度な知識を必要とする、一つ上の段階の資格には、スキンケアカウンセラーというものがあります。こちらは、スキンケアに関する知識の他に、実際にお客様をカウンセリングする際のコミュニケーション方法などのカウンセリングテクニックを習得することが可能です。この他にも、美容資格には、多種多様なものがあるため、目的に合わせた選択が必要であると言えます。

様々な種類がある美容資格ですが、それによって、習得できる知識や技能は、一つ一つ異なります。プライベートでスキンケアの知識をより深めたいという方や、美容部員などのお仕事上、そういった知識や技能を身に付ける必要がある方など、検定を取得される目的や用途で、ご自身に本当に必要なものを見極めることが大切です。

, ,

Post navigation