美容の豆知識 乾燥肌

肌の荒れ、かゆみなど、乾燥肌に悩まされている人も少なくありません。
あまりの痒さに、ついかいてしまう人もいるでしょう。
しかし、かき過ぎると、湿疹が出たり肌が赤くなったりすることもあります。
そのため、早めの処置が求められます。

乾燥肌の原因

寒い季節になると、肌の乾燥で悩む人もでてきます。
肌の乾燥が進むと痒みなどを伴い、痒みを我慢できずにかいてしまうと更に悪化していく、といった悪循環にはまります。
そのため、乾燥肌と痒みのメカニズムなどを理解し、早めに対処することが大切です。

乾燥肌で悩んでいる人の多くは、かゆみを伴っているようです。
どうして乾燥肌には、このような痒みの症状が出てしまうのでしょうか?

それは肌の水分量の低下に関係しています。

肌が乾燥すると、肌の表面を覆っている皮脂やセラミドなどの角質細胞間脂質が減少し、それに伴い肌内部の水分含有量も低下します。
この状態では肌のバリア機能も作用しないことから、外部からの刺激がたくさん加わることになります。
そのため、かゆみが発生します。
無防備な肌への衣服や髪の毛などの接触、またいつも使用している化粧品なども影響を与えます。
そして肌が乾燥することで細菌が増殖しやすくなり、これも痒みの原因とされています。

乾燥肌の痒み対策

乾燥肌は、日常のちょっとした工夫で防ぐことができます。

乾燥肌による痒みの原因とされているものの中に、寝具や衣類との摩擦が挙げられます。
そのため、これらの刺激を軽減させてあげれば、かゆみを防ぐことができます。

また、肌への刺激を少しでも少なくするためには素材選びも大切です。
ウール製品を使用している人も多いと思いますが、ウール製品などの化学繊維は避け、シルクやコットンなどの自然繊維を使用してください。

このように、体に優しい寝具に変えるだけで痒みを防止できます。

そして痒みのある乾燥肌の方は、お風呂にも気をつけてください。
あまり熱いお湯に長時間つかると、保湿成分が流出します。
このようにお風呂は肌の保湿成分が流出しやすいので、温度にも注意が必要です。

乾燥肌には痒みを伴うことが多いです。
我慢できずにかいてしまうと、さらに悪化してしまうことがありますので注意してください。
乾燥肌の痒みは、日常生活を工夫することで改善できます。

Post navigation