美容の豆知識 アロマとは

アロマオイルアロマテラピー、これらの言葉はエステサロンでよく聞きます。
エステサロンではアロマオイルを使ったマッサージなども行っていますが、このアロマとはどういうものでしょうか?
アロマについて紹介します。

アロマについて

疲れている時や落ち込んでいる時などに、お花の香りを嗅ぐことで気持ち良くなったり、気持ちが前向きになったりすることがあります。
実際に経験がある方も多いことでしょう。
アロマもこれと同じで、良い香りを持つ成分として人気があります。

このように自然の植物や果実が持っている芳香成分を利用して、体や心のケアを行うのがアロマテラピーです。

アロマテラピーは、ヨーロッパが発祥の地といわれています。
植物や果実の持つ精油は、人間に備わっている自然治癒力の向上に役立ちます。

アロマ成分を体内に吸収することで心が癒されたり、体や肌のトラブルが改善されたりなど、健康増進に大きな効果を与えてくれます。

アロマテラピー

アロマテラピーは、アロマと療法から作られた造語です。
アロマ「Aroma」は芳香、そしてテラピー「Therapy」は療法です。
フランスではテラピー、イギリスではセラピーと発音されていますが、どちらも内容は同じ芳香療法を意味します。

アロマテラピーはヨーロッパで生まれ、1980年代後半頃に日本に伝わりました。
アロマテラピーは、体だけでなく心も大切にしています。
心と体はそれぞれ作用し合うという考えに基づき、施術が行われています。
エステサロンで行われている施術を受けることで、体の不調はもちろんのこと同時に心のケアも行うことができます。
体だけでなく心も一緒に改善していくことで、より健康な体になれます。

アロマテラピーはアロマオイルを用いて行いますが、もともとは保管医療の一つとされています。
健康を維持するためには、事前の予防が大切といえます。

ヨーロッパから日本に伝わってから30年以上が経過しましたが、最近は日本でも徐々に医療や介護現場で活用されるようになってきました。
アロマは気軽に利用できるのが大きな特徴といえます。

エステサロンなどで行われているアロマテラピーは、実際に受ける人も少なくありません。
アロマの良い香りを体内に吸収することで、健康的な体に変わります。

Post navigation