美容の豆知識 アーユルベーダとは

エステサロンで行っている施術の中には、歴史が古いものも少なくありません。
アーユルベーダも古い歴史があり、伝統的な手法として知られています。
伝統的な施術として、現在に受け継がれています。

生命化学

アーユルベーダは、サンスクリット語のアーユスとベーダーを組み合わせた生命科学です。

インドのスリランカが発祥の地であり、5千年もの歴史があります。
アーユル「Ayus」は生命、寿命、そしてベーダー「Veda」は知識、科学の意味で、「生命の科学」や「生きるための智慧」とも呼ばれています。

アーユルベーダは病気を治療する医学ですが、それ以外に若返り法、毎日の過ごし方など、私たちの健康増進のための方法なども数多くあります。
様々な方法が現在でも実践されており、多くの人たちの健康増進に貢献しています。

アーユルベーダは、病気の治療から若返り方法まで、次の8部門に分類されています。
内科学、外科学、耳鼻咽喉科学、産婦人科学、毒物科学、鬼神科学、強精科学、強壮法科学です。
このうち鬼神科学は、目に見えない原因追究できない病気をいいます。

オイルが特徴です

アーユルベーダの施術を行うには、ある程度の技量が必要です。
日本の場合、今のところ有効な資格はありません。
国家資格に匹敵いる資格がありませんので、それぞれの専門クールでの修了証、あるいはスクールの認定証が資格証明として使用されています。

アーユルベーダで行うマッサージは、オイルを使用するのが特徴です。
マッサージそのものが、世界中にある様々なマッサージの根源となっています。

たくさんのオイルを使用し、軽擦法によりオイルを体に浸透させていきます。

アーユルベーダで過剰なエネルギーを1箇所に集中させ、その後に発汗法排泄法などにより体外に排泄します。

オイルを使ったマッサージ以外にも、ヴィマルダナという、揉んだり、叩いたりする手法もあります。
ヴィマルダナを行うことで、リラクゼーション効果を得ることができます。
マッサージにより血液やリンパの流れが良くなり、健康な体を維持できるようになります。

アーユルベーダは、健康増進以外にリラクゼーション効果も得られます。
様々なエステサロンで行われており、マッサージを受けることで健康的な体になれます。

Post navigation