美容の豆知識 スキンケアの歴史

スキンケアは、美容を保つために昔から世界中の人々が工夫を凝らして作り上げた、肌のお手入れのことです。美容目的で利用されているものの、肌のコンディションを整えることにも通じる部分があるため、健康と美しさの両方を求めるために利用される部分が多くあります。

昔の人々のスキンケア

昔の人々のスキンケア方法としては、肌に良いとされる自然の中の生物から抽出したものを肌につけたりして、ケアを行うことが中心でした。
代表的なものだと、米ぬかがあります。米ぬかでパックすることでしっとり感や、美白ケアといった作用が得られます。
ヘチマから抽出した水分や、大豆の煮汁をローションとして塗る方法もありました。ウグイスの糞にも美肌作用があるとされ、スキンケアに役立つ存在として親しまれた時代があります。
海外でも、その地域に自生する天然の植物を中心に使い、美肌作用を求めた歴史がたくさん存在します。

現代のスキンケア

一方で現代は、様々な化粧品メーカーや製薬メーカーから、たくさんのスキンケア製品が流通しています。昔に比べるとその種類は圧倒的に多い状態です。保湿作用のあるヒアルロン酸、ハリを作り出すコラーゲンなどの美肌成分が配合された基礎化粧品が目立ち、最近だと肌のバリア機能を高めるセラミド配合の化粧品や、エイジングケアに役立つ幹細胞コスメといった、高度な技術を用いた製品も登場しています。

エステサロンのスキンケア

ホームケアのレベルに留まるのではなく、エステサロンでフェイシャルエステのメニューなどを受けることで、高度なスキンケア施術を利用できるようにもなっています。
ハンドテクニックを駆使したり、専用の機械を用いるなどして、血流促進や毛穴の汚れの除去、ターンオーバーの活性化など、色々な施術内容があります。
現代では女性も社会進出するようになり、収入が増えたことから、高級な化粧品を購入したり、エステサロンの施術を受けたりするなど、高度なスキンケア方法を積極的に利用する人が目立ってきています。

Post navigation